押小路家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

押小路家(おしこうじけ、おしのこうじけ)

  1. 藤原北家閑院流公家
  2. 中原氏流地下家


藤原北家閑院流[編集]

押小路家
堂上家
家紋
むつちょうじ
六つ丁字
本姓 藤原北家閑院流三条西庶流
家祖 押小路公音
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
支流、分家 前田氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

押小路家は、羽林家家格を有する公家寛文年間(1661年 - 1673年)、三条西公勝の次男公音が創設した。押小路の家名は、居住地名を由来とする。家禄130

家職を歌道とする三条西家の分家だが、漢詩家柄として知られた。維新後、華族令施行により公亮子爵が叙せられた。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
三条西実条
 
前田玄以の娘
 
 
 
 
三条西公勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三条西実教清水谷公栄押小路公音1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実岑2小倉公映前田玄長
 
 
 
 
 
従季3[1]前田房長[2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実富4前田清長松平〈松井〉康定前田富長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公岑[3]実茂5[4]植松雅恭前田珍長松平〈松井〉康英前田長皓
 
 
 
 
 
公連6前田長皓
 
 
 
 
 
実潔7[5]前田長義
 
 
 
 
 
公亮8前田長徳[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実英9伊東泰丸前田長禮[7]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公知10前田長善堀尾長興
  1. ^ 清水谷雅季の次男。
  2. ^ 旗本寄合・松平〈松井〉康郷の子。
  3. ^ 三条西実称の子。
  4. ^ 三条実起の次男。
  5. ^ 滋野井公敬の子。
  6. ^ 信濃諏訪藩主諏訪忠粛の三男。
  7. ^ 肥前唐津藩主小笠原長泰の子。表向きには旗本御小性組・小笠原頼母の子。

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』によると、幕末期の押小路家(堂上家)領は山城国綴喜郡内里村のうち130石であった。

中原氏流[編集]

押小路家
(地下家)
家紋
ぎょうよう
杏葉
本姓 中原朝臣嫡流
家祖 押小路師定
種別 地下家
華族男爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
支流、分家 志水家(地下家)
山口家(地下家)
摂津氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

押小路家は、朝廷に仕えた地下官人室町時代後期から押小路を名乗った。家職は明経道大外記太政官主典(さかん、四等官の第4))を世襲し、局務(きょくむ)と呼ばれた。

明経博士となるものを輩出し、後には掃部頭(かもんのかみ、掃部寮長官(かみ)、四等官の第1)、造酒正(みきのかみ、造酒司の長官)を兼任した。家禄54。地下家だったが、江戸時代後期の師資師徳従三位に叙されている。

明治維新後に堂上家に准じるとして特に華族に列し、明治17年(1884年)の華族令師成男爵に叙爵された。

分家に同じく地下家の志水家山口家がある。

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の押小路家(地下家)領は以下の通り。(5村・69石4斗5升4合)

  • 山城国愛宕郡天部村のうち - 1石1斗2升
  • 山城国葛野郡西院村のうち - 34石7斗4升2合
  • 山城国葛野郡壬生村のうち - 7石5斗9升2合
  • 山城国紀伊郡下三栖村のうち - 15石8升6合
  • 山城国紀伊郡深草村のうち - 10石9斗1升4合

その他[編集]

村上もとかの漫画『龍-RON-』で、主人公・押小路龍が男爵家であり財閥家でもある押小路家の子息という設定になっているが、この押小路家は上記のいずれにも該当しない架空の家系である。

関連項目[編集]