折々のうた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

折々のうた』(おりおりのうた)は、大岡信1979年1月25日から2007年3月31日にかけて、『朝日新聞』朝刊第1面にて連載していたコラム。また、これをもとにした同名の書籍。日本語(翻訳を含む)の短歌俳句漢詩(読み下し)、川柳、近現代歌謡のなかから、毎日1つをとりあげ、それに対する解説を行うというものである。

概要[編集]

『朝日新聞』の創刊100周年を記念してスタートした。著者によると、前年の暮秋に学芸部から、200字程度のスペースで毎日、詩歌の鑑賞を行うようにとの依頼があったという。これに対して著者は当初、難色を示していたものの、「採りあげる作品を短歌、俳句に限らない」という条件で連載をはじめた(『折々のうた』岩波新書版)。引用する作品は2行まで、解説部分は180字までという制約の中、2年ほど連載しては、1年休載するというペース(連載末期には1年ごとに休載)で続けられた。全6762回[1]。『万葉集』や松尾芭蕉などの著名な古典はもとより、出版されてまもないもの、小中学生によるもの、時事問題を扱ったもの、他分野の著名人が残したもの、外国人によるものからも選ばれており、その博捜ぶりには定評があった[2]

新聞のトップに、詩歌についてのコラムが置かれるのは、日本はおろか世界的にも異例のことだったようで、実際、海外の詩人やマスコミからも驚かれたという話を大岡はしている。このようなコラムが可能なのも、日本に短詩型文学の伝統があってこそのことだとも書いている。

また1983年からは『折々のうた 講演会』が年4回行われていた。当初は丸の内東商ホールでの開催だったが、1984年10月有楽町朝日ホールがオープンして以降は、朝日ホールに会場を移して2007年7月3日開催分まで全98回行われた[3]

岩波新書から『折々のうた』全10巻、『新折々のうた』全9巻が刊行されている(『折々』シリーズ、『新折々』シリーズそれぞれの総索引も出版されている)。また、朝日新聞社からは『新編折々のうた』として単行本版5冊、文庫版6冊、Katydid Press と講談社インターナショナルからは、ジャニーン・バイチマンによる英訳版が出版されている。岩波新書版では、評釈部が210字までとなっており、その範囲内で新聞掲載時の文章に手を入れている。

その他の朝日新聞1面コラム[編集]

『折々のうた』の休載期間中には、他のコラムが『朝日新聞』朝刊第1面に掲載されていたことがある。

  • 2001年5月1日〜2002年4月30日 - 湯浅浩史『花おりおり』
  • 2003年5月1日[4]〜2004年4月30日 - 山岸哲『けさの鳥』
  • 2005年5月1日[5]〜2006年3月31日 - 湯浅浩史『花おりおり』

2015年4月1日から、鷲田清一が『朝日新聞』朝刊第1面にてコラム『折々のことば』を連載している。同コラムは『折々のうた』の系譜を受け継いだものとされ[6]、コラム名は『折々のうた』や『花おりおり』にちなむ[7]

出典[編集]

  1. ^ “大岡信さん「折々のうた」最終回 6762回、惜しむ声”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2007年3月31日). http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200703300355.html 
  2. ^ 一例として、『現代詩読本 大岡信』思潮社におさめられている向井敏「紙上の花吹雪――『折々のうた』書評」
  3. ^ “「折々のうた 講演会」足かけ25年 来月で幕”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 26. (2007年6月6日) 
  4. ^ 「折々のうた」休載します 「けさの鳥」5月から登場、朝日新聞社、2003年4月23日。
  5. ^ ◇◆◇2005.5.31日更新◇◆◇、ASA大倉山 - 2019年3月18日閲覧。
  6. ^ asahi_csrのツイート(582511015885037568)
  7. ^ 朝刊1面連載「折々のことば」に反響続々、PRTIMES(朝日新聞社)、2015年4月17日 9時30分。