打狗水道浄水池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
打狗水道浄水池
Dagou Water Treatment Center
中華民国(台湾)文化資産
打狗水道淨水池.jpg
打狗水道浄水池の浄水井戸
打狗水道浄水池の位置(台湾内)
打狗水道浄水池

登録名称 打狗水道淨水池
旧称 打狗水道浄水池、高雄水道浄水池
その他の呼称 寿山配水池
種類 その他施設
等級 直轄市定古蹟
文化資産登録
公告時期
2004年4月9日
位置 中華民国の旗 中華民国台湾
高雄市鼓山区鼓山一路53巷31之1号
座標 北緯22度37分29.5秒 東経120度16分30.9秒 / 北緯22.624861度 東経120.275250度 / 22.624861; 120.275250
建設年代 大日本帝国の旗 明治43年(1910年) - 大正2年(1913年
寿山配水池
(打狗水道浄水池)
Dagou Water Treatment Center
打狗水道淨水池01.JPG
浄水池の通気口
所在地  台湾 鼓山区鼓山一路53巷31之1号
管理運営 台湾総督府土木局
台南庁打狗水道事務所
(1924-)高雄市役所土木水道課
(1945-)高雄市政府自来水管理処
(1951-)高雄市自来水廠
(1974-)台湾省自来水公司第七区管理処
(2007-)経済部台湾自来水公司第七区管理処
通水 1913年
給水区域 高雄市
テンプレートを表示

打狗水道浄水池(だくすいどうじょうすいち)は台湾高雄市鼓山区寿山山麓にある日本統治時代に設置された浄水場竹寮取水站とともに高雄地区で最も早く整備された上水道インフラで[1]、戦後も台湾自来水公司の寿山配水池として稼働している[2][3]

沿革[編集]

戦前[編集]

清朝から明治政府に割譲された台湾では平定時に多数の兵士が風土病に罹患したことから公衆衛生の向上を図るべくウィリアム・K・バートン浜野弥四郎台湾総督府の要請で派遣された技術者により水道インフラ整備と各地の地勢調査が行われた[4](pp2-10~2-11)

高雄地区でも1908年に鳳山庁中国語版(その後台南庁中国語版)は打狗港周辺の築港・市街地改善の一環として「打狗市区改善計画」を公告、鼓山区一帯の飲料水は塩分濃度が高いため給水量の不足が予想された[4](p2-21)。打狗山(寿山)の丘陵の自然水だけでは賄うことができず、水質も高硬度だった[4](p2-23)

鳳山郡大樹庄九曲堂(現・大樹区)の高屏渓右岸にある「竹仔寮取水場(現・竹寮取水站)」から取水、大樹庄小坪頂(現・大樹区小坪里)に一次浄水場として設置された小坪頂水源地(現・坪頂給水廠)で濾過後に小坪頂山に揚水し重力落下方式で打狗川(愛河)西岸の市街地に給水する方式が採用された[4](p2-23)。打狗水道全体の事業費は当時の金額で総額1,221万7,081円72銭[5]

1910年(明治43年)6月に起工、1913年(大正2年)年末に給水を開始した[6]。高度は36メートルで小坪頂とは44メートルの、高雄港市街地とは8.3メートルの高度差があった[4](p2-27)

寿山山麓のこの場所で一旦貯水され、市街地や海を隔てた旗後(現在の旗津区)に再配水されていた。管轄は台湾総督府土木局から台南庁打狗水道事務所、1924年からは高雄市役所土木水道課と変遷した[7](p99)

打狗水道(1=坪頂給水廠、2=竹寮取水站、3=高屏渓攔河堰、4=打狗水道浄水池)

戦後[編集]

1957年までに3,200立法メートルの寿山高地配水池が増設された[7](p154)[4](p2-37)。2004年4月9日、市定古蹟に登録[8][9]

建築[編集]

浄水井戸は底面がコンクリートで側壁はレンガ造。内径4.55メートル、深さ3.69メートル、井戸上部には直径6.06メートルの円形鉄筋コンクリート建屋がある[2]。浄水池は全てが鉄筋コンクリートで全長48.03メートル、幅25.09メートル、2槽構成で各水槽内は長さ25.09メートル、幅23.27メートル、水深3.79メートルとなっている[2]。浄水池上部は30センチ厚の砕石層と60センチ厚の土で覆われ、地表にはトーチカ状の通気口が露出している[1]

出典[編集]

  1. ^ a b (繁体字中国語)顏嘉億、柯麗卿、游凌雀 (2012年12月). 高雄文明史 - 史蹟篇. 高雄市政府教育局. pp. 91-92. ISBN 978-986-04-0191-2. http://kstown.chukps.kh.edu.tw/story/%E5%8F%B2%E8%B9%9F%E9%AB%98%E9%9B%84ALL.pdf.  高雄市莒光國小鄉土資源中心
  2. ^ a b c (繁体字中国語)打狗水道淨水池”. 文化部文化資産局国家文化資産網. 2019年10月26日閲覧。
  3. ^ (繁体字中国語)台灣最早都會自然公園..竟然是這!”. 中国時報 (2017年4月11日). 2019年11月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e f (繁体字中国語)国立成功大学研究発展基金会 (2004). 高雄縣縣定古蹟竹寮取水站調查研究暨修復計畫. 高雄縣政府. ISBN 9789570176612. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=022_001_00000503. 
  5. ^ 台湾総督府民生部土木局. 台湾水道誌. 本編. 国立国会図書館デジタルコレクション. p. 356. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1704045/257. 
  6. ^ (繁体字中国語)高雄人,其實是懂得浪漫的!”. 高雄市政府新聞局 (2004年5月). 2019年11月2日閲覧。
  7. ^ a b (繁体字中国語)黃耀能 (1995). 續修高雄市志:卷四經濟志商業公用事業市場. 高雄市文獻委員會. pp. 153-154. ISBN 9789570051339. https://tm.ncl.edu.tw/article?u=006_001_0000304739. 
  8. ^ (繁体字中国語)高市∕全台唯一跨海打狗水道淨水池 列市定古蹟 - ウェイバックマシン(2005年1月31日アーカイブ分) 2004年3月16日 ETToday東森新聞
  9. ^ (繁体字中国語)打狗水道淨水廠 - ウェイバックマシン(2006年10月7日アーカイブ分) 2005年9月19日 高雄市政府文化局

関連項目[編集]

外部リンク[編集]