戸畑ちゃんぽん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

戸畑ちゃんぽん(とばたちゃんぽん)とは、福岡県北九州市戸畑区で食べられる細めの蒸し麺を使った「ちゃんぽん」である。

戸畑ちゃんぽん

歴史[ソースを編集]

1939年昭和14年)頃、初代となる田中励夫が中華料理店の店主・王福山から指導を受け、更に研究を重ね、「戸畑ちゃんぽん」の特徴となる蒸し麺を完成。戦後になって、二代目が戸畑で「田中製麺所」を創業。現在は三代目となっている。

戸畑区で「ちゃんぽん」をメニューにした店がこの蒸し麺を使ったことから、元祖である「長崎ちゃんぽん」とは味わいが異なる「戸畑ちゃんぽん」が生まれた。JR戸畑駅近くの商店街など区内数店で食べられる。

特徴[ソースを編集]

細くて、色が濃い(黄色)、コシがある麺を使用。通常使われている「ゆで麺」ではなく「蒸し麺」。また、「蒸し麺」・「細い」ことから、調理が早いため、旧八幡製鐵所戸畑工場で働いていた、忙しい労働者に好まれたという。スープは豚骨で、具はキャベツもやし豚肉、蒲鉾が一般的。通常のちゃんぽんと異なる点として、特別に注文を入れない限り、魚貝類は基本的に使用されない(スープの出汁に魚介類が含まれる場合があるためアレルギーには注意が必要)。どちらかというと、甘めの豚骨ラーメンの野菜煮込み風という発想が近い。また、他の地方には無い特徴として、同一の具材を使った炒飯がほぼ必ず存在し、炒飯も同時に食される場合が非常に多い。

戸畑チャンポン名店会[ソースを編集]

2002年(平成14年)、飲食店と戸畑区役所職員で「戸畑チャンポン名店会」を結成。「ちゃんぽんマップ」の作成、配布等を行った。また、「戸畑ちゃんぽん」を食べられることが分かるよう、名店会が作製した幟が飲食店の入口付近に立てられている。

外部リンク[ソースを編集]