戸塚彦介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
戸塚英俊から転送)
Jump to navigation Jump to search
とつかひこすけひでとし
戸塚彦介英俊
生誕 文化10年(1813年)
江戸
死没 明治19年4月15日(1886年)
千葉町
死因 病死
国籍 日本の旗 日本
職業 柔術家
流派 揚心古流
子供 戸塚英美
戸塚彦右衛門英澄

戸塚 彦介(とつか ひこすけ、文化10年(1813年) - 明治19年(1886年4月15日)は、江戸時代柔術家揚心古流(戸塚派揚心流)。号は一心斎、名は英俊(ひでとし)。

経歴[編集]

戸塚派揚心流の祖、戸塚英澄の長子。江戸出身。天保元年(1830年)より駿河国沼津藩に仕え、天保8年(1837年)に25歳で家を継ぐ。文久年間に徳川家茂に謁し、揚心古流を演武した。 万延元年(1860年)から幕府講武所の柔術教授方を務める(ただし、1年5か月で柔術は廃止された)[1]。この時、東京芝区愛宕町に道場を移し、その門に入る者は千六百人に至ったという。[2] [3]

新選組入隊前の篠原泰之進などが居候をしていたこともある。

維新の後、下総国千葉に道場を移し、千葉県警察(千葉県巡査教習所)、監獄両署の師範となり多くの門弟を育てた。

明治18年(1885年)に千葉県柔術師範となるが、程なく病死する[1]。跡目は子の戸塚英美が継いだ。

門下には、高弟の柏崎又四郎、相澤重次郎、養子の英美のほか、照島太郎、西村定中などの逸材がいた。

また、乱捕中興の祖と伝わる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. ^ 川内鉄三郎『日本武道流祖伝』日本古武道振興会
  3. ^ 大日本人名辞書刊行会 編『大日本人名辞書. 下卷』大日本人名辞書刊行会 1926年、p1800

出典[編集]