戸塚学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

戸塚 学(とづか がく、1966年 - )は、愛知県出身の写真家

高校3年生の時写真に興味を持ち、幼少の頃から好きだった自然風景や野生の生き物を被写体として撮影をする。20歳の時、アカゲラを偶然撮影できたことから、野鳥の撮影にのめり込む。現在は野鳥にとどまらず、生き物を含めた環境の撮影を進行中。 作品は雑誌、機関紙、書籍、カレンダー、コマーシャルなどに多数発表。日本野鳥の会会員。西三河野鳥の会会員。NPO法人希少生物研究会会員。

著書[編集]

  • コアホウドリはかぜとともだち(親と子の写真絵本・ポプラ社) 2002年 ISBN 9784591073506
  • ヤンバルクイナ・アガチャーの唄(そうえんしゃ・写真のえほん 5) 2008年 ISBN 9784882643241
  • 鳥たちは今日も元気に生きてます!(BIRDERスペシャル・文一総合出版) 2008年 ISBN 9784829901830
  • 里山の野鳥ハンドブック(NHK出版)2011年 ISBN 978-14-011300-4
  • デジタルカメラ野鳥撮影術(アストロアーツ・撮影ムック)2012年 ISBN 978-4-04-886390-2
  • 身近な野鳥観察ガイド(文一総合出版)2012年 ISBN 978-4-8299-7200-7

外部リンク[編集]