成田祇園祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
JR成田駅前に並んだ山車

成田祇園祭(なりたぎおんさい)は、7月7・8・9日に直近の金・土・日曜日に開催される千葉県成田市の祭礼行事。成田山新勝寺の宗教行事である「成田山祇園会(なりたさんぎおんえ)」の期間に合わせて開催される[1]。成田山祇園会とは、新勝寺の本尊「不動明王」の本地仏である、奥之院・大日如来の祭礼である。成田祇園祭は、成田山と旧成田の全町が参加する大規模なもので、大日如来を「ご尊体」とした御輿が渡御し、合わせて10台の山車(だし)や屋台(やたい)が一斉に繰り出す。

由来・歴史[編集]

  • 成田祇園会は、1721年(享保6年)の文章の中に6月8日(旧暦)に権現の祭礼を行ったとあり「享保六年丑迄は祭礼踊仕り候」とあり、都合により中止になっていた物を奉行所に願い出て許可を得たと考えられ、つまり享保以前から祭りは在ったと考えられている。約300年の歴史がある。
成田山奥之院の大日如来をご尊体とした御輿
  • 当初は、成田山で管理する湯殿山権現社(現在のJR成田駅東口脇)を中心とした祭礼であった。氏子は住時33ケ村にも及び、時代の変貌と共に、明治初期の神仏分離政策以後、奥の院大日如来の祭礼へと移った。明治に入り、村から町へと変わり道路や商店が整備され、これに合わせて祭りも現在の形に近いものへとなっていったと考えられる。
  • 平成16年4月18日(日曜日) 千葉県成田市で市制施行50周年記念山車祭りが行われ、成田市内16基の山車・屋台が曳き廻しされた。
  • 平成21年4月19日(日曜日) 千葉県成田市で市制施行55周年記念山車祭りが行われ、成田市内15基の山車・屋台が曳き廻しされた。
  • 平成26年4月20日(日曜日) 千葉県成田市で市制施行60周年記念山車祭りが行われ、成田市内18基の山車・屋台が曳き廻しされた。

各町名と人形と下座連[編集]

町名 人形 下座連
幸町 (さいわいちょう) 朱雀天皇 幸町下座連 (佐原囃子)
田町 (たまち) 素戔鳴尊 神崎藝座連 (佐原囃子)
上町 (かみちょう) 鳥羽下座連 (佐原囃子)
東町 (あずまちょう) あづま下座連 (佐原囃子)
成田山交道会 (なりたさんこうどうかい) 日本武尊 都築社中 (江戸囃子)
本町 (ほんちょう) 藤原秀郷 江戸里神楽4世萩原彦太郎社中 (江戸囃子)
囲護台三和会 (いごだいさんわかい) 嵯峨天皇 圍護臺下座連 (佐原囃子)
花崎町 (はなさきちょう) 八幡太郎義家 花崎囃子連 (佐原囃子)
土屋 (つちや) 大穴牟遅神 (大国主神) 土屋囃子連 (佐原囃子)
仲之町 (なかのちょう) 神武天皇 如月会 (江戸囃子)

アクセス[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]