成公 (陳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成公(せいこう)は、春秋時代の君主(在位前598年 - 前569年)。姓は媯、名は午。霊公の子として生まれた。霊公十五年(紀元前599年)、一族の夏徴舒の乱が起こると、に亡命した。成公元年(紀元前598年)、荘王が諸侯と連合して陳を討ち、夏徴舒を車裂きの刑で処刑すると、午は晋から迎えられて陳国の君主に立てられた。

30年(紀元前569年)3月、死去した。

参考文献[編集]