哀公 (陳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

哀公(あいこう)は、春秋時代の君主(在位:前568年 - 前534年)。姓は媯、名は弱。成公の子として生まれた。成公の後をうけて陳国の君主となった。

哀公3年(紀元前566年)、軍が陳を包囲した。

35年(紀元前534年)、哀公は病床についた。3月、哀公の弟の公子招が公子偃師を殺害し、公子留を世子に立てた。公子招が兵を出して哀公を包囲したため、4月に哀公は自ら縊死した。9月、楚の公子弃疾が兵を率いて陳を包囲した。11月、陳はひとたび滅んだ。

参考文献[編集]

  • 史記』陳杞世家第六