穆公 (陳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

穆公(ぼくこう、生年不詳 - 紀元前632年)は、春秋時代の君主(在位前647年 - 前632年)。姓は媯、名は款。陳の宣公の子として生まれた[1]紀元前653年、陳の世子として桓公僖公らと甯母で盟を交わした[2]紀元前652年、世子として斉の桓公を中心とする諸侯と洮で盟を交わした[3]紀元前648年12月に宣公が死去する[4]と、後をうけて陳国の君主となった。紀元前647年、斉の桓公を中心とする諸侯と鹹で会合した[5]紀元前645年、斉の桓公を中心とする諸侯と牡丘で会合した[6]紀元前644年、斉の桓公を中心とする諸侯と淮で会合した[7]。斉の桓公の死後もしばらくは斉を中心とする諸侯の結束を支持しつづけ、紀元前641年には人を派遣して斉での盟約に参加させている[8]紀元前639年成王を中心とする諸侯と盂で会合した[9]紀元前633年、楚を中心とする連合軍に参加し、を包囲した[10]紀元前632年、死去した[11]。子の共公が後を嗣いだ[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 史記』陳杞世家
  2. ^ 春秋左氏伝』僖公7年
  3. ^ 『春秋左氏伝』僖公8年
  4. ^ 『春秋左氏伝』僖公12年
  5. ^ 『春秋左氏伝』僖公13年
  6. ^ 『春秋左氏伝』僖公15年
  7. ^ 『春秋左氏伝』僖公16年
  8. ^ 『春秋左氏伝』僖公19年
  9. ^ 『春秋左氏伝』僖公21年
  10. ^ 『春秋左氏伝』僖公27年
  11. ^ 『春秋左氏伝』僖公28年