愛新覚羅オン穎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「愛新覚羅韞穎」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
愛新覚羅 韞穎
韫颖2.jpg
日本滞在中に息子と(1938年)
プロフィール
出生: 1913年
死去: 1992年
各種表記
繁体字 愛新覺羅 韞穎
和名表記: あいしんかくら おんよう
テンプレートを表示
郭布羅潤麒(皇后婉容の弟:中央)、皇弟溥傑(右)と韞穎(1934年3月)

愛新覚羅 韞穎(あいしんかくら おんよう、1913年 - 1992年)は、醇親王載灃の娘。最後の皇帝となった宣統帝(溥儀)の妹である。辛亥革命により宣統帝が退位し、清が滅亡した翌年(民国2年)に生まれた。のち、溥儀の皇后婉容の弟である郭布羅潤麒に嫁いだ。金韞穎三格格などと呼ばれる。