急行高千穂号事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

急行高千穂号事件(きゅうこうたかちほごうじけん)は、昭和33年(1958年)12月8日、別府発午後7時21分日豊本線上りの急行列車「高千穂」で、大長組幹部・松村武旺(本名は洪炳烈)が、三代目山口組石井組組員らに刺殺された事件。大長組と石井組の抗争の中で発生した。

参考文献[編集]