応能課税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

応能課税(おうのうかぜい)とは、納税者の支払能力に応じて課税すべきだとする考え方を指す。所得税が有名である。

概要[編集]

納税者得る便益にかかわらず、負担能力に応じた課税を行うのが、応能課税である。また、一律に課税を行うのではなく、負担能力によって税額を変化させるため、累進課税などの方策がとられることが一般的である。

外形標準課税の議論の際、「事業税は基本的に応能課税である」という判例がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]