志村龍己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

志村 龍己(しむら りゅうき、1986年9月1日 - )は、山梨県富士吉田市出身の競輪選手日本競輪学校第98期生。志村太賀(90期)は実兄であり師匠。

来歴[編集]

幼年時代より空手に取り組んだ。御殿場西高等学校を経て駒澤大学に進学。同大学時代の2008年ポーランドで行われた第6回世界学生空手道選手権大会の組手(-80㎏級)で3位に入った[1]。その後は、すでに競輪選手となっていた兄の太賀を追って競輪界入り。競輪学校時代の在校競走成績は34位(7勝)。

2010年7月12日いわき平競輪場でデビューし3着。初勝利は同年8月9日千葉競輪場

脚注[編集]

  1. ^ 世界を相手に志村大健闘の銅メダル! - 駒澤大学スポーツ新聞編集部 2008年7月16日付

外部リンク[編集]