志太郡衙跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
志太郡衙跡 全景

志太郡衙跡(しだぐんがあと)は、静岡県藤枝市南駿河台にある古代駿河国志太郡郡家郡衙)の遺跡。別名を「御子ヶ谷遺跡(みこがやいせき)」。国の史跡に指定されている。

概要[編集]

1977年昭和52年)に団地造営のための区画整備を行っている際に発見され、その後の発掘調査によって掘立柱建物30棟をはじめ、や板塀、井戸道路などの遺構が次々と発見され、古代郡衙の構造を示すものとされた。さらに出土した260点余りの墨書土器から、「志太」という地名と大領・少領・主帳などの郡司官職名が確認され、志太郡の郡衙跡と判明した。このため、当該区域での団地造営は中止され、史跡公園として整備された。

遺構は東西と南側を丘陵に囲まれた谷部に位置し、8世紀前半から9世紀前半にかけて3期の造替を繰り返したと見られる[1]。建物は南北に棟の方位を揃えた規則的な配置であるが、小規模かつ典型的な郡庁と異なる構成であるため、郡庁や正倉ではなく厨家や館の遺構と推測される[2]

文化財[編集]

国の史跡[編集]

  • 志太郡衙跡 - 昭和55年10月22日指定[1]

静岡県指定文化財[編集]

  • 有形文化財[3]
    • 志太郡衙関連遺跡出土文字資料(考古資料) - 平成16年2月27日指定。

関連施設[編集]

  • 志太郡衙資料館
    • 開館時間:午前9時-午後5時
    • 休館日:月曜日、祝日翌日、年末年始

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 志太郡衙跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  2. ^ 志太郡衙跡(古代史) 2006年.
  3. ^ 文化財(藤枝市ホームページ)。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度51分43.68秒 東経138度14分33.81秒