心中物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

心中物(しんじゅうもの、歴史的仮名遣:しんぢゆうもの)とは、心中情死を題材とした江戸時代人形浄瑠璃歌舞伎歌謡のジャンルのひとつ[1]近松門左衛門人形浄瑠璃で知られる。

歴史[編集]

心中を題材とした歌舞伎は、1683年(天和3年)、大坂生玉の新町遊廓遊女大和屋市之丞呉服屋の御所の長右衛門による心中事件を大坂の嵐座荒木座大和屋で舞台化したのが最初であるといわれる[1]

近松門左衛門1703年元禄16年)に、心中物の代表作となる『曽根崎心中』を発表、以降、心中物の連作がつくられていった。

代表的な作品[編集]

人形浄瑠璃・歌舞伎
浮世草子 (小説)
歌謡
落語

脚注[編集]

  1. ^ a b 「心中物」世界大百科事典2版
  2. ^ a b c d e f g h 近松作品事典
  3. ^ 生井武世「近松初期心中物の方法」同志社国文学 (10), 1975年

参考文献[編集]