徳山朝鮮初中級学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

徳山朝鮮初中級学校(とくやまちょうせんしょちゅうきゅうがっこう)は、山口県周南市にあった朝鮮学校である。学校法人山口朝鮮学園が運営していた。

日本の幼稚園中学校に相当する教育を行う各種学校(非一条校)だった。

沿革[編集]

  • 1946年 徳山朝鮮人初等学園として開設
  • 1946年 朝鮮学校閉鎖令により閉鎖
  • 1956年 徳山朝鮮初級学校として新開設
  • 1957年 中級部を設置し現校名となる
  • 1972年 幼稚班を設置
  • 2006年7月 創立50周年記念式典・同窓会(於・ピピ510)
  • 2009年 児童生徒減少のため休校。3月20日、休校式が開かれた。同年9月30日に廃校。
    • 最後の児童生徒7人は広島朝鮮初中高級学校に転校したり、日本の学校に編入学した。
    • 校舎は廃校後に解体され、跡地はRCC(整理回収機構)による接収後、売却されて住宅団地に造成され、新しい家屋が立っている。学校の片鱗を示すものは何も残っていない。

学科[編集]

  • 中級部
  • 初級部
  • 幼稚班(休止)

通学範囲[編集]

校外活動[編集]

  • 学校近くのJR西日本櫛ケ浜駅の清掃活動を定期的に行い、JR西日本から何度も表彰されている。

出身者[編集]

かつての所在地[編集]

  • 〒745-0816 山口県周南市遠石(といし)3丁目8-13

関連項目[編集]

外部リンク[編集]