徳宿城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

徳宿城(とくしゅくじょう)は、常陸国(現:茨城県鉾田市に存在した城。

歴史[編集]

平安時代末期頃、徳宿氏の初代親幹によって築城されたとされている。

桓武天皇の流を汲む常陸大掾氏一族の鹿島成幹は長男[1]親幹を「北部の守り」として徳宿に配し、親幹は徳宿氏を称す。徳宿氏は子孫を安房烟田菅野谷等に配し、文明18年(1486年)まで9代で約300年間続く。

落城・徳宿氏の終焉[編集]

文明18年(1486年)5月、水戸城主の江戸適雅江戸氏)に攻められる(徳宿合戦)。江戸氏が約2000名[2]に対し、徳宿氏は約300名[2]の劣勢のなか、同族の大掾氏一族の援軍(約1500名)が到着する前に攻め込まれ[2]江戸氏に敗れ落城。城主は戦死し、徳宿氏は9代目の道幹をもって終焉となった。

その後[編集]

現在は徳宿城址として、本丸跡山林神社になっており、木造の祠石祠が建てられている。南の崖上には徳宿氏事蹟考碑が建てられている。

城址の西側の「塔の峰」と呼ばれる地には徳宿城主代々のがあり、北東約3.3kmの常磐原から西勝下(かつおり)にかけての一帯には「合戦場」や「合戦塚」、「血流れ窪」といった戦いの惨状に由来する地名が残されている。また、那珂西城III郭南東角の杉林の中にこの戦での134の首級を葬ったという「首塚」がある。

[3] 主郭は南端最高所で神社境内となっており、その周囲に土塁が残っている。北の二条の空掘は、二郭の西側に位置し、低い 土塁が残され三郭がある。

アクセス[編集]

鹿島臨海鉄道 徳宿駅から約1km(徒歩15分)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 常陸大掾平氏と鹿島鹿島デジタル博物館
  2. ^ a b c 案内板(鉾田市教育委員会)
  3. ^ 常陸・徳宿城(城郭放浪記)” (日本語). 城郭放浪記. 2019年12月27日閲覧。