徳井町 (神戸市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 灘区 > 徳井町

徳井町(とくいちょう)は兵庫県神戸市灘区町名の一つで、同区東部、昭和44年(1968年)に徳井字徳井・前田・下小田中から成立した。郵便番号:657-0033。(地図 - Google マップ

地理[編集]

南は記田町、西は高羽川を挟み南部は桜口町で北部は備後町、北は中郷町、東は石屋川を挟み東灘区御影石町。東から順に一~五丁目がある。

由来[編集]

『神戸の町名』によればトクイとは「神の恩寵」を意味する[1]都賀庄の東南に北野神社領として徳井荘があり、明徳元年(1390年)5月の文章には「北野社領摂津国得位時枝庄」として出ており、荘園の領家が京都の北野神社に寄贈した。徳井荘は徳井村と東明村(現・東灘区御影塚町の一部)を指す。[2]

また時枝庄については若林泰は「上石やの旧家に時枝姓の家がたくさんあり、江戸時代、庄屋年寄などをつとめていることなどから、旧石屋村のことではないか」と言う[2]

大工が多く、『灘区の町名』によれば中でも元徳、大政などの棟梁が有名であるとされ[3]、灘の西郷、中郷近辺の酒蔵は徳井の大工が建てたという[2]

人口統計[編集]

平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数964、人口2,189、うち男性1,088人、女性1,101人[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『岩波古語辞典』
  2. ^ a b c 神戸史学会 2007
  3. ^ 灘区役所広報相談課 1976
  4. ^ 神戸市町別世帯数・年齢別人口(国勢調査)”. 神戸市. 2009年9月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『神戸の町名 改訂版』神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6
  • 『灘区の町名』灘区役所広報相談課、灘区役所広報相談課、1976年。