復讐は俺に任せろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
復讐は俺に任せろ
The Big Heat
監督 フリッツ・ラング
脚本 シドニー・ボーム
原作 ウィリアム・P・マッギヴァーン
製作 ロバート・アーサー
出演者 グレン・フォード
グロリア・グレアム
リー・マーヴィン
音楽 ミッシャ・バカライニコフ
撮影 チャールズ・ラング
編集 チャールズ・ネルソン
製作会社 コロンビア映画
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1953年10月14日
日本の旗 1953年12月6日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,250,000[1]
テンプレートを表示

復讐は俺に任せろ』(原題:The Big Heat)は、1953年制作のアメリカ合衆国サスペンス映画フリッツ・ラング監督のフィルム・ノワール

1999年に「ビッグ・ヒート/復讐は俺にまかせろ」と改題されてリバイバル公開された。

2011年、アメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

あらすじ[編集]

巡査のトム・ダンカンが自殺した。彼の遺書にはギャングのマイク・ラガナ一味が市政を牛耳っていること、自分もそれに関係していたことなどが書かれていた。トムの妻バーサは警察へは病死と偽って報告する一方、遺書を利用してラガナを恐喝する。

警部のデイヴ・バニオンはトムの死因に疑いを持っていたが、トムと駈け落ちの約束をしていた酒場女ルーシーがギャング一味に殺されたことから疑いは一層深まった。

だが、デイヴは署長からこの事件から手を引けと命じられた。警察上層部にもラガナの手が及んでいたのだ。しかし、デイヴはそれを振り切って捜査を進める。すると、ラガナは彼の妻ケイティを事故に見せて殺してしまう。これに怒ったデイヴは辞表を叩きつけ、1人で調査を進めていく。

デイヴはラガナの子分ヴィンスの情婦デビーに接近した。ヴィンスはデビーとデイヴの仲を疑い、嫉妬のあまりデビーの顔に熱いコーヒーを浴びせ大火傷をさせた。

デビーはバーサを射殺してトムの遺書を奪い、さらにヴィンスを待ち伏せして、自分が受けたのと同じように熱いコーヒーを彼に浴びせた。

怒ったヴィンスは彼女を撃ち、逃亡しようとしたがデイヴに追われ、拳銃戦の末、ついに逮捕されたが、デビーは死んだ。

そして全ての事実が明らかになり、デイヴは警察に復職したのだった。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 'The Top Box Office Hits of 1953', Variety, January 13, 1954

外部リンク[編集]