後藤正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

後藤 正(ごとう ただし、1966年5月15日[1] - )は、日本の元タレント歌手。血液型はO型。東京都出身[1]

概略[編集]

  • 「フジテレビに行けばスターに会える」と思って受けた欽ドンのオーディションで、約3000名の中から選出され[2]1982年、『欽ドン!良い子悪い子普通の子』(フジテレビ系)でフツオ役を演じていた長江健次に代わり、二代目フツオとしてデビュー。同時にイモ欽トリオのメンバーとなる。
  • 一卵性双生児で、兄がいる[2]。『欽ドン!』初出演当時は高校1年生。中学生時代の部活はバスケットボール[1]。高校生時代の部活はサッカー部でゴールキーパーだった[2]。番組に後藤とそっくりの兄が登場する一幕もあった。
  • 1983年1月1日、イモ欽トリオの3rdシングル『ティーンエイジ・イーグルス』でリードボーカルを担い、歌手デビューを果たす。
  • 同年5月2日放送を最後に番組を降板、同時に芸能界引退。番組内で「フツオから普男(= 普通の男の子)に戻ります」と宣言した。
  • デビューした1982年10月時点のプロフィールでは、英語が得意、フォークソングを聴くことが趣味で南こうせつファン、と紹介されている[1]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

「イモ欽トリオ」名義の3rdシングル。後藤は本作で歌手デビュー。
  • エレクトリック・スーパーマン(作詞:松本隆、作曲:細野晴臣、編曲:白井良明)※上記シングルのB面曲。
備考
2005年2月3日に、オムニバスCDアルバム『イエローマジック歌謡曲』が発売され、『ティーンエイジ・イーグルス』を含むイモ欽トリオのシングルA面3曲も収録されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 河北新報 1982年9月27日夕刊 8面「登場」コーナー
  2. ^ a b c 週刊TVガイド 1982年10月8日 102頁「出番です」コーナー