張一鵬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
張一鵬
No image available.svg
プロフィール
出生: 1873年同治12年)
死去: 1944年民国33年)7月14日
Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 中華民国南京特別市
出身地: 清の旗 江蘇省蘇州府呉県
職業: 政治家・法学者
各種表記
繁体字 張一鵬
簡体字 张一鹏
拼音 Zhāng Yīpéng
和名表記: ちょう いちほう
発音転記: ジャン イーポン
ラテン字 Chang I-P'eng
テンプレートを表示

張 一鵬(ちょう いちほう)は中華民国の政治家・法学者。北京政府、南京国民政府(汪兆銘政権)で要人となった。雲博。兄の張一麐も政治家である。

事跡[編集]

南洋公学で学んだが卒業せず、兄の張一麐が創始した蘇学社に加入した。1893年光緒19年)、癸巳科挙人となる。日本に留学し、法政大学速成科を卒業した。帰国後、法部主事、京師地方検察庁庁長、呉江地方検察庁庁長、雲南高等検察庁検察長を歴任した。雲南から帰郷した後、『時事新報』の主編となる。

中華民国成立後、江蘇司法籌備処処長や北京政府の平政院評事兼第三庭庭長をつとめる。しかし1913年民国2年)、江蘇省内36か所の初級審検庁を廃止しようとして省内各階層の反対に遭う。また、宋教仁暗殺事件の処理をめぐって、ついに辞任に追い込まれた。

1917年(民国6年)8月、江西省財政庁庁長となる。同年12月、北京政府中央の署理司法部次長に昇格した。1920年(民国9年)7月、薩鎮氷臨時内閣で司法総長代理をつとめた。また、この時期に東呉大学教授にもなっている。

1927年(民国16年)3月、国民革命軍が蘇州において呉県臨時行政委員会を設置すると、張一鵬はその主席兼民政局長となった。しかし同年6月に早くも辞任している。その後は、上海で弁護士を開業した。

1943年(民国32年)12月、南京国民政府(汪兆銘政権)において、司法行政部長に任命された。翌年7月14日、監獄を視察した際に感染した発疹チフスがもとで死去した。享年72。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
 中華民国の旗 中華民国(北京政府)北京政府
先代:
朱深
司法総長(代理)
1920年7月 - 8月
次代:
董康
 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
羅君強
司法行政部長
1943年12月 - 1944年7月
次代:
陳恩普