延原武春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

延原 武春(のぶはら たけはる、1943年4月3日 - )は、日本の指揮者オーボエ奏者。大阪府出身。1966年(昭和41年)大阪音楽大学卒。

人物[編集]

1963年、日本テレマン協会を組織。現在は傘下の演奏団体であるテレマン室内オーケストラ、テレマン室内合唱団を率いて活動。

ドイツ文化省の招聘を受けテレマン室内管弦楽団と共に4度渡独。1985年、ライプツィヒ・「バッハ生誕300年記念国際音楽祭」に、世界19カ国の演奏団体と共に参加。また1999年、バロック楽器(古楽器)の団体、コレギウム・ムジクム・テレマンチェンバロ中野振一郎と共に率いて渡独。その後も、イギリスフランスアメリカ合衆国大韓民国等で演奏旅行を行う。また1984年12月にライプツィヒのゲヴァントハウス・バッハオーケストラを、1985年にズール・フィルハーモニー、1989年にはライプツィヒ放送管弦楽団を客演指揮した。2001年9月に大阪センチュリー交響楽団、2003年4月にはオーケストラ・アンサンブル金沢を指揮。

2003年、日本テレマン協会40周年記念事業の一環として東京文化会館小ホールにて開催された「第150回記念定期演奏会」で、オーボエ奏者として5曲のオーボエ協奏曲(テレマンヘンデルアルビノーニマルチェロ)を演奏。あわせて発売された延原自身初のCD(当日の曲目にバッハが加えられている)は、「レコード芸術」4月号で特薦に選ばれた。同年5月には、ドイツのバッハ・アルヒーフ主催「バッハ フェスティバル ライプツィヒ2003」に、グスタフ・レオンハルトトン・コープマンクリストフ・ルセフィリップ・ヘレヴェッヘなど世界一流の音楽家たちと共に、コレギウム・ムジクム・テレマンを率いて出演。その後アイゼナハマクデブルク等で公演を行いNHK教育テレビ芸術劇場」で放映された。2004年9月、2枚目のCD「星に願いを」を発売。

現在、日本テレマン協会音楽監督の他、(社)日本演奏連盟関西委員会委員、大阪市ユースオーケストラ音楽監督等を務める。

主な受賞歴[編集]

外部リンク[編集]