ゲヴァントハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲヴァントハウス
Gewandhaus.jpg
情報
用途 コンサートホール
着工 1976年
竣工 1981年
所在地 ドイツの旗 ドイツ ザクセン州ライプツィヒ
テンプレートを表示

ゲヴァントハウス(Gewandhaus)は、ライプツィヒにあるコンサートホールである。

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の本拠地として使われている。

初代ゲヴァントハウス[編集]

最初のゲヴァントハウスホールは、1781年11月にオープンした。ゲヴァントハウスドイツ語版英語版とは、ドイツ語で「織物会館」という意味で[1]、織物の倉庫や取引所として使用されていた建物の中に作られたホールだった。

客席数はオープン時500席。木造かつ建物の2,3階にあったため音響は非常に悪かった。座席数は1842年の改修を受けて1000席に増えた。初代ゲヴァントハウスは、オーケストラが新ゲヴァントハウスに移った後の1894年に取り壊された。[2]

2代目ゲヴァントハウス[編集]

初代ゲヴァントハウスが手狭になったことを受け、1884年12月に新ゲヴァントハウスが落成した。2代目も名前は「織物会館」のままだが、純粋なコンサートホールとして作られた。新古典主義建築様式の馬蹄型コンサートホールで、大ホールには1500席、小ホールには500席を有した。このホールは音響に優れており、後にボストンのシンフォニーホールの設計の参考にされた。新ゲヴァントハウスは建築家マルティン・グロピウスハイノ・シュミーデンによって設計された[3]。新ゲヴァントハウスは1944年2月に空襲で被害を受けて廃墟となった。その後20年以上、廃墟として保存されていたが、1968年に取り壊しが決まった。

現在のゲヴァントハウス[編集]

現在のゲヴァントハウスは第3代目である。ライプツィヒ旧市街アウグストゥス広場に東ドイツ時代に建設され。1981年に落成した。コンクリート建築にガラスのファサードをもつ現代建築である。大ホールは1920席あり野外劇場風に六角形の形をしており音響効果の評価が高い。6638本のパイプをもつポツダム・シュッケ社のパイプオルガンをもち[4]、これは東ドイツ時代に作られた最大のパイプオルガンである。メンデルスゾーン・ホール(小ホール)は498席。建築家ルドルフ・スコダと音楽監督クルト・マズアが設計に深く関わった。入り口ホワイエは、4階吹き抜けで、ロビーの天井にはズィグハルト・ギレ(de)による天井画「人生の賛歌」が描かれている[5]。2005年には来場者数1,000万人を突破した。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]

注釈[編集]

<references>

  1. ^ ゲヴァントハウス・コンサートホール(ライプツィヒ市観光局)
  2. ^ Standort Erstes Gewandhaus / Site of first Gewandhaus”. 2011年6月19日閲覧。
  3. ^ Zweites Gewandhaus (Grassistraße)”. 2011年6月19日閲覧。
  4. ^ Gewandhaus History”. 2011年6月19日閲覧。
  5. ^ ゲヴァントハウス・コンサートホール”. 2011年7月1日閲覧。