広島県道267号宇津可部線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
広島県道267号標識
広島県道267号宇津可部線
路線延長 12.650km
起点 広島県広島市安佐北区安佐町飯室
終点 広島県広島市安佐北区可部4丁目
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0191.svg国道191号
Japanese National Route Sign 0054.svg国道54号
Japanese National Route Sign 0183.svg国道183号Japanese National Route Sign 0191.svg国道191号・Japanese National Route Sign 0261.svg国道261号重用〕
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
河戸駅跡付近

広島県道267号宇津可部線(ひろしまけんどう267ごう うつかべせん)は広島市安佐北区安佐町飯室(いむろ)と広島市安佐北区可部4丁目を太田川沿いに結ぶ一般県道である。

概要[編集]

2003年平成15年)11月30日をもって廃止されたJR可部線の廃線区間のうち可部 - 安芸飯室駅間の代替バスが本路線に設定されているが、未改良箇所が多数残っている。なお、廃線跡の土地を利用して、拡幅工事が行われたところもある。

2007年(平成19年)12月から起点 - 壬辰橋間は工事で完全通行止めとなっていたが2010年(平成22年)5月宇津橋の架け替え工事が完了したことに伴い通行止めが解除された。

路線データ[編集]

  • 起点:広島市安佐北区安佐町飯室(国道191号交点)
  • 終点:広島市安佐北区可部4丁目・可部中央交差点(国道183号〔国道191号・国道261号重用〕交点)
  • 総延長:12.650km

地理[編集]

ずっと太田川左岸を走っているが、反対側の太田川右岸には広島県道177号下佐東線があり、いくつかの橋で連絡している。

通過する自治体[編集]

  • 広島市(安佐北区)

接続道路[編集]

  • 国道191号(広島市安佐北区安佐町飯室〔起点〕)
  • 広島県道268号勝木安古市線(広島市安佐北区可部町勝木で重用)
  • 広島県道269号今井田緑井線(広島市安佐北区可部町今井田)
  • 国道54号(国道191号・国道261号重用)可部バイパス(広島市安佐北区可部4丁目)※三次方面とのみ接続。
  • 国道183号(国道191号・国道261号重用)(広島市安佐北区可部4丁目・可部中央交差点〔終点〕)

周辺[編集]

関連項目[編集]