幸せの1ページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幸せの1ページ
Nim's Island
監督 マーク・レヴィン
ジェニファー・フラケット
脚本 マーク・レヴィン
ジェニファー・フラケット
ポーラ・マズール
ジョセフ・クォン
原作 ウェンディー・オルー
秘密の島のニム
製作 ポーラ・マズール
製作総指揮 スティーブン・ジョーンズ
出演者 アビゲイル・ブレスリン
ジョディ・フォスター
ジェラルド・バトラー
音楽 パトリック・ドイル
主題歌 ビューティフル・デイU2
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 スチュアート・レヴィ
製作会社 ウォールデン・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
イギリスの旗 カナダの旗 ユニバーサル映画
日本の旗 角川映画
世界の旗 サミット・エンターテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年4月4日
日本の旗 2008年9月6日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $37,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $48,006,762[1]
世界の旗 $100,076,342[1]
テンプレートを表示

幸せの1ページ』(しあわせのいちページ、原題:Nim's Island)は、2008年制作のアメリカ映画。原作はウェンディー・オルーの『秘密の島のニム』。

あらすじ[編集]

少女ニムは、南太平洋の島で父の海洋生物学者ジャック・ルソーや動物達と暮らしている。ある日、ジャックは、ヨットで泊まりがけの調査に出る。

留守番するニムは、愛読する冒険小説「アレックス・ローバー」シリーズで知られる小説家のアレクサンドラ・ローバーから、父宛ての取材の電子メールを受け取る。メールの差し出し人を小説の主人公と勘違いしたニムは、アレクサンドラとメールのやりとりを始める。

ジャックは嵐に遭い、衛星電話のアンテナを失う。父と連絡の取れなくなったニムはアレクサンドラに助けを求め、広場恐怖症のアレクサンドラは意を決し島へ向かう。

島に観光船がやってきて、観光客達が上陸するが、ニムは何とか彼らを島から追い出す。

アレクサンドラは、飛行機、ボート、ヘリコプターを乗り継ぎ、島へ向かうが、嵐のため、島の近くでヘリコプターは観光船に着陸する。アレクサンドラは、船のボートで島へ向かう。嵐の中、島へ向かうアレクサンドラのボートを見つけたニムは、アレクサンドラと出会うが、自分の想像と違ったため、アレクサンドラを拒否する。その後、二人は食事を共にし、うち解ける。

ニムとアレクサンドラは、島へ向かうジャックを見つけ、親子は再会する。その後、三人が砂浜で遊ぶ中、映画は終わる。

配役[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ニム・ルソー アビゲイル・ブレスリン 大前茜
アレクサンドラ・ローバー ジョディ・フォスター 田中敦子
ジャック・ルソー ジェラルド・バトラー 室園丈裕
アレックス・ローバー てらそままさき
エドモンド マディソン・ジョイス 水間真紀
船長 マイケル・カーマン 中村浩太郎
エミリー・ルソー シャノン・ヴァン・デ・ドリフト

出典[編集]

  1. ^ a b c Nim's Island (2008)”. Box Office Mojo. 2012年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]