ビューティフル・デイ (U2の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビューティフル・デイ
U2シングル
初出アルバム『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド
リリース
規格 12インチ・シングル
カセット・シングル
12cmCDシングル
録音 2000年
ジャンル ロック
レーベル アイランド・レコード
作詞・作曲 U2
プロデュース ブライアン・イーノダニエル・ラノワスティーヴ・リリーホワイト
チャート最高順位
  • 1位(アイルランド、イギリス[1]、イタリア[2]、オーストラリア[3]、オランダ[4]、カナダ・Canadian Singles Chart[5]、ノルウェー[6]、フィンランド[7]
  • 6位(スイス[8]
  • 7位(オーストリア[9]、スウェーデン[10]、ドイツ[11]、ニュージーランド[12]
  • 17位(フランス[13]
  • 21位(アメリカ・Billboard Hot 100 [5]
  • 42位(日本[14]
U2 シングル 年表
スウィーテスト・シング
(1998年)
ビューティフル・デイ
(2000年)
スタック・イン・ア・モーメント
(2001年)
ミュージックビデオ
「Beautiful Day」 - YouTube
テンプレートを表示

ビューティフル・デイ」(Beautiful Day)は、U22000年に発表した楽曲。アルバム『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』(2000年)からの先行シングルとしてリリースされた。

解説[編集]

メンバー4人に加えて、プロデューサーのブライアン・イーノシンセサイザーのプログラミングを担当し、ダニエル・ラノワジ・エッジと共にバッキング・ボーカルで貢献している。1990年代の実験的なスタイルから、U2の原点であるロックへ回帰した楽曲であり、本作のリミックス・ヴァージョンを制作したポール・オーケンフォールドは「素晴らしい、彼らはロックン・ロールの日々へ戻った。僕のヴァージョンはそうでなくて、動きの激しいファンキーなハウスなんだけどね」とコメントしている[15]

本作をリード・トラックとしたシングルは、様々な形態で発売された。オリジナル・アルバム未収録の「オールウェイズ」「サマー・レイン」をカップリング曲として収録したパターン、ライヴ・テイクをカップリング曲としたパターン、それら両方を含むパターンがある。また、イギリスでは2001年6月、「ビューティフル・デイ」と「エレヴェイション」の様々なリミックス・ヴァージョンを収録した2枚組アナログ盤が発売された[16]

本作は世界的なヒット・シングルとなり、イギリスではバンドにとって4度目の全英シングルチャート1位獲得を果たした[1]。また、アメリカグラミー賞では、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀ロック・パフォーマンス賞(グループ)の3部門を受賞[17]

ミュージック・ビデオパリシャルル・ド・ゴール国際空港で撮影された。

収録曲[編集]

イギリス盤、ヨーロッパ盤[編集]

CDシングル1[編集]

  1. "Beautiful Day"
  2. "Summer Rain"
  3. "Always"

カナダや韓国等でも、同様の形態で発売された。オーストラリアで発売された限定盤では、この3曲に"Last Night on Earth"のライヴ映像が追加されている。

CDシングル2[編集]

  1. "Beautiful Day"
  2. "Discothèque (live from Mexico City)"
  3. "If You Wear That Velvet Dress (live from Mexico City)"

日本盤CDシングル[編集]

  1. ビューティフル・デイ - "Beautiful Day"
  2. サマー・レイン - "Summer Rain"
  3. オールウェイズ - "Always"
  4. ディスコテック(ライヴ・フロム・メキシコ・シティ) - "Discothèque (live from Mexico City)"
  5. イフ・ユー・ウェア・ザット・ヴェルヴェット・ドレス(ライヴ・フロム・メキシコ・シティ) - "If You Wear That Velvet Dress (live from Mexico City)"

サウンドトラックでの使用例[編集]

カヴァー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]