平清房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

平 清房(たいら の きよふさ、生年未詳 - 寿永3年2月7日1184年3月20日))は、平安時代末期の平家一門の武将。平清盛の八男。

治承3年(1179年)のクーデター淡路守に任官する。

寿永3年(1184年)、一ノ谷の戦いにおいては、兄知盛の指揮下に入り、生田の森の陣を警備する。しかし源範頼軍に陣を突破されると、覚悟を決め、従兄弟の経俊、義弟の清貞とともに三騎で敵陣に突入し、討ち取られた。