平林泰三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

平林 泰三(ひらばやし たいぞう、1975年4月24日[1] - )は、宮崎県出身の元ラグビー選手・レフリー(審判員)。アジア人初のフルタイムラグビーレフリーとして従事していた[1]。選手時代のポジションはスクラムハーフ

経歴[編集]

5歳の時、宮崎少年ラグビースクールでラグビーを始め、宮崎大宮高校から宮崎産業経営大学に進学。19歳で宮崎県協会C級、21歳で九州協会B級、クイーンズランド州公認審判員資格も取得。

卒業後の1996年から3シーズン、オーストラリアのクイーンズランドにラグビー留学。クイーンズランド・プレミアシップのGPSクラブでプレーし、ベン・チューン、ダニエル・ハーバート、マット・コーベインらオーストラリア代表選手とともに7人制クイーンズランド州選抜メンバーにも選ばれ国際大会にも出場した。

1999年に帰国し、関東協会に所属。2005年には当時最年少の28歳で日本協会公認A1級審判員となる[1]。また、同年に株式会社フォーシーズと所属契約し、日本初のフルタイムレフリー宣言を行う[1]2006年よりA級に当時最年少で昇格[1]

2007年には北半球最高峰のシックスネイションズで日本人初[注釈 1]のタッチジャッジを務める[1]

2007年、レフリーとして史上初めて日本ラグビーフットボール協会と契約を結ぶ[1]。また、レフリー業務と平行して2015年までラグビー日本代表バックルームスタッフとしてレフリールール対策、ゲーム分析、規律の文化作り等のプログラム提供の担当業務に従事する。

2017年4月、日本フットサルリーグ(Fリーグ)に所属するバルドラール浦安のコーチングコーディネーターに就任[2]。同年7月に日本ラグビー協会との契約終了に伴い、日本協会公認レフリーから外れることとなった[3]

現在はレフリーコーチングプログラムや各国でのラグビー、並びに他スポーツ普及のための活動に携わっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アスポタのプロフィールによると、ラグビーの強豪10ヶ国 (イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド、イタリア、フランス、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチン) 以外で初である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g aspota (初出年不明). “アスポタ -アスリートプロフィール/平林 泰三-”. 2008年11月23日閲覧。
  2. ^ 平林泰三氏、クラブコーチングコーディネーター就任のお知らせ - バルドラール浦安公式HP 2017年4月28日付
  3. ^ 2017年度日本ラグビー協会公認レフリー決定 - 日本ラグビーフットボール協会 2017年7月21日付

外部リンク[編集]