平岩馨邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平岩 馨邦(ひらいわ よしくに、1897年11月10日 - 1967年10月2日)は、元九州大学教授の動物学者、哺乳類学者。福岡女学院大学短期大学部初代学長。

人物[編集]

1897年生まれ。広島文理科大学勤務、元九州大学農学部教授、学生部長[1]。父は平岩愃保(日本メソヂスト教会第2代監督)。祖父は宗門改役幕臣平岩馨明

1937年、東京帝国大学理学博士。論文は「Studies on a bopyrid, Epipenaeon japonica Thielemann(アカエビヤドリムシ(エピペネオン・ジャポニカ・ティールマン)に関する研究)」[2]

広島文理科大(動物学教室)教授時代の終戦間際、石井四郎軍医中将の依頼で、“ネズミ細菌弾”に使用するためのシロネズミの量産研究に取り組んだ。しかし、広島への原爆投下によって大学が全焼し、ネズミも研究資料も全て失われた。ちなみに、平岩自身も倒壊した自宅の下敷きになって重傷を負っている[3]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 平岩馨邦 (1925), しろねずみ, 動物解剖集成第1集, 共立社,東京, 
  • 平岩馨邦 (1950), 有胚類に於ける性現象.現代生物学の諸問題, 増進堂,東京, 
  • 平岩馨邦, 洪水時に於ける蛇の集団避難 九州大学農学部 1953 九州大学災害調査 / 九州大学災害調査生物研究班 第3報 http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA47995129 
  • 平岩馨邦 (1967), 私の動物記, 平岩先生古希記念著書刊行会,福岡 
  • 平岩馨邦 (1967), 続・私の動物記., 福岡: 平岩先生遺稿集刊行会 

主要論文[編集]

  • 平岩馨邦; 濱島房則, 野棲ハツカネズミの生活史IV : 乳幼仔における形態の発達と生後の成長[11] 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大久保 2009
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ 平岩馨邦『続・私の動物記』、1967年(昭和42年)。
  4. ^ a b c d e f g 内田照章. 阿部余四男・平岩馨邦の業績.哺乳類科学, 9(1): 21-28, 1969. 
  5. ^ 吉田貞雄, 寄生虫学遍路(10)(遺稿).目黒寄生虫館月報, (65): 7, 1964.
  6. ^ a b c 内田照章. 平岩馨邦先生を偲ぶ.哺乳動物学雑誌, 4(1): 33, 1968. 
  7. ^ 山内健生 (2013) 広島文理科大学動物学教室における卒業論文. 広島大学総合博物館研究報告, 5: 87-94
  8. ^ 日々のつれづれ, (岡潔先生を語る39)伊豆伊東温泉 , 2007.
  9. ^ 田隅本生 (1980). “哺乳類研究グループの25年—未来のための回顧—”. 哺乳類科学 (日本哺乳類学会) 20 (1): 11-23. doi:10.11238/mammalianscience.20.1_25. ISSN 1881-526X. 
  10. ^ a b 福岡女学院の歩み
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 九州大學農學部學藝雜誌