江崎悌三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江崎 梯三(えさき ていぞう、1899年(明治32年)7月15日 - 1957年(昭和32年)12月14日 は、日本の昆虫学者

年譜[ソースを編集]

  • 1899年(明治32年)7月15日:大阪市北区新川崎町1番地御領地5号に生まれる。
  • 1923年(大正12年)3月:東京帝国大学理学部動物学科卒業。
    • 5月28日:九州帝国大学助教授。
    • 11月6日:昆虫学研究のため、イギリス等の在留を命じられる。
  • 1924年(大正13年)2月3日:神戸港出港。
  • 1928年(昭和3年)9月7日:帰国。
    • 10月12日:動物学第2講座担任を命じられる。
  • 1930年(昭和5年)4月1日:九州帝国大学農学部動物學第2講座教授。同年11月 東京大学 理学博士  「The water-striders of the subfamily Halobatinae in the Hungarian national museum(ハンガリー國立博物館所在のウミアメンボ亞科のアメンボ類の研究)」。
  • 1955年(昭和30年)3月23日:九州大学教養部長。
  • 1957年(昭和32年)12月14日:逝去。

家族・親族[ソースを編集]

妻はドイツ人のシャルロッテ。大正末年ドイツ留学中に知り合い結婚した[1]

縁戚には学者や医師が多い。父である江崎政忠林学者であり、母方の祖父である乙骨太郎乙洋学者であった[2]。なお、母方の祖母は杉田家の出身であることから、杉田成卿曾祖父杉田立卿高祖父杉田玄白はいわゆる五世の祖にあたる[2]。また、二女は法学者手島孝に嫁いでおり、孫は長谷部光泰に嫁いでいる[2]。なお、長男は学者にはならずパイロットになったが、のちによど号ハイジャック事件に遭遇したことでも知られている[2]

著書[ソースを編集]

  • 『動物の学名の構成法』国際書院 1932
  • 『太平洋諸島の作物害虫と防除』日本評論社 南太平洋叢書 1944
  • 『江崎悌三随筆集』江崎シャルロッテ編 北隆館 1958
  • 江崎悌三著作集』全3巻 思索社 1984

共著・監修[ソースを編集]

翻訳[ソースを編集]

  • ビー・ピー・ウヴァロフ『昆虫の栄養と新陳代謝』国際書院 1931
  • ヘンリー・ジェームズ・ストヴィン・プライヤー『日本蝶類図譜』白水隆校訂 科学書院 1982

論文[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

参考文献[ソースを編集]