平山浪三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

平山 浪三郎(ひらやま なみさぶろう、1862年12月19日文久2年10月28日) - 1922年大正11年)8月16日[1])は、日本実業家政治家大地主。青森県多額納税者[2]。五所川原銀行頭取[3]陸奥鉄道、五所川原銀行、青森県農工銀行各取締役[2][3]貴族院議員。族籍は青森県平民[2]

人物[編集]

陸奥国津軽郡五所川原村(現・青森県五所川原市)出身。平山助六の長男[2]。貴族院多額納税者議員を1917年1月18日[4]から1918年9月まで務めた[1]

家族・親族[編集]

平山家

青森県北津軽郡五所川原町[2]

  • 父・助六(青森平民)[2]
  • 妻・たか(青森県人・福士鶴吉の叔母)[5]
1876年 -
  • 妻・チセ(青森平民・渋川富太郎の二女)[2]
1888年 -
  • 男・又三郎[2]
1882年 -
  • 四女・もと(青森県人・佐々木傳一郎に嫁す)[2]
1891年 -
  • 五女・たけ(青森県人・佐藤久蔵に嫁す)[2]
1893年 -
  • 六女・こと[2]
1895年 -
  • 四男・金三郎[2]
1896年 -
  • 女・たみ[2]
1899年 -
1897年 -
1903年 -
  • 七女、九女[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』219頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『人事興信録 4版』ひ40頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月19日閲覧。
  3. ^ a b 『日本全国諸会社役員録 第25回』614-630頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月19日閲覧。
  4. ^ 『官報』第1337号、大正6年1月19日。
  5. ^ a b 『人事興信録 6版』ひ42頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 4版』人事興信所、1915年。
  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 第25回』商業興信所、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 6版』人事興信所、1921年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。