常盤文克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

常盤 文克(ときわ ふみかつ、1933年11月13日 - )は、日本の実業家。元花王会長理学博士大阪大学)。福島県出身。福島県立双葉高等学校東京理科大学理学部卒業。

略歴[編集]

他に三菱地所(2006年~2016年)や、日本債券信用銀行(現あおぞら銀行、2000年~2004年)の社外取締役等を務めた。現在、「常盤塾」など経営に関する私的勉強会を主催している。

エピソード[編集]

  • 常盤の入社当時、花王石鹸の売上高は化学業界の中で45位。優秀な学生は東洋レーヨン(現東レ)や宇部興産などの大企業に入社していた。常盤自身も「大学時代、勉強した記憶もないし、正直なところ何となく会社に入った」と語っているほどであったが、その後学究に目覚め、スタンフォード大学留学を経て、大阪大学にて理学博士号を取得、1971年には37歳と言う異例の若さで家庭品研究所長に就任した[1]
  • 花王会長退任後は積極的な著作活動を行なっており、今日までに多数の著作を出版している。

著書[編集]

  • 『新・日本的経営を考える』(2012年,日本能率協会マネジメントセンター)
  • 『知と経営』(1999年,ダイヤモンド社
  • 『質の経営論―企業の明日を考える 』(2000年,ダイヤモンド社)
  • 『「知の経営」を深める―大自然の摂理に学ぶ仕事と人生』(2001年,PHP研究所
  • 『「量」の経営から、「質」の経営へ―転換をどう進めるか』(2003年,東洋経済新報社
  • 『モノづくりのこころ』(2004年,日経BP社
  • 『知と経営―モノづくりの原点と未来』(2005年,日本経済新聞社
  • 『コトづくりのちから』(2006年,日経BP社)
  • 『反経営学の経営』(2007年,東洋経済新報社)

脚注[編集]

  1. ^ 1995年11月30日 日経流通新聞参考
先代:
丸田芳郎1971年1990年
花王社長
(1990年~1997年
次代:
後藤卓也(1997年~2004年