丸田芳郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

丸田 芳郎(まるた よしお、1914年12月16日[1] - 2006年5月30日)は、日本実業家京都大学工学博士[1]花王の社長、会長を歴任した。

略歴[編集]

長野県更級郡信田村(現長野市)で教師の両親の元に生まれる。1932年旧制長野中学(後の長野県長野高等学校)卒業、1935年桐生高等工業学校(後の群馬大学工学部)卒業。花王の前々身、大日本油脂株式会社に入社[1]1948年3月、京都大学工学博士の称号を得る。学位は丸田たちが研究した航空潤滑油の合成に関する功績による[2]

1954年取締役。1956年常務、1968年専務を経て、1969年、副社長に就任[1]1971年伊藤英三の死去にともない社長に就任[3]バイヤスドルフとの提携でニベア花王を設立し、1982年には「ソフィーナ」を発売して化粧品事業に進出するなど経営の多角化・省力化を進め、公害防止にも努めた。1985年、花王石鹸から花王に社名を変更。また、日本家庭用合成洗剤工業会、日本包装技術協会、日独協会の会長も務めた。

1990年、社長職を常盤文克に譲り、自らは会長となった。1994年、80歳になったのを機に相談役に退いた。

2006年5月30日、肺炎のため91歳で死去。

受賞歴[編集]

  • 1988年6月、スペイン市民功労勲章を受章。
  • 1991年12月、ドイツ功労勲章大功労十字章を受章。
  • 1995年4月、勲二等旭日重光章を受章。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 平田育夫 (2009年1月19日). “【時代のリーダー】丸田芳郎・花王石鹸社長「確信の人」“思い込み”で常識の壁突破 「和の経営」かかげ競争心あおる”. 日経ビジネスONLINE. 日経ビジネスが描いた日本経済の40年. 日経BP社. 2018年4月3日閲覧。
  2. ^ 平田育夫 (2009年1月19日). “【時代のリーダー】丸田芳郎・花王石鹸社長「確信の人」“思い込み”で常識の壁突破 「和の経営」かかげ競争心あおる”. 日経ビジネスONLINE. 日経ビジネスが描いた日本経済の40年. 日経BP社. 2018年4月3日閲覧。
  3. ^ 平田育夫 (2009年1月19日). “【時代のリーダー】丸田芳郎・花王石鹸社長「確信の人」“思い込み”で常識の壁突破 「和の経営」かかげ競争心あおる”. 日経ビジネスONLINE. 日経ビジネスが描いた日本経済の40年. 日経BP社. 2018年4月3日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
伊藤英三
花王社長
1971年 - 1990年
次代:
常盤文克