帯広市民文化ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
帯広市民文化ホール
Obihiro Citizens Culture Hall.jpg
施設外観(2015年7月)
情報
完成 1988年11月28日
開館 1989年1月
収容人員 1,546人
用途 各種公演・催事、講演など
運営 帯広市文化スポーツ振興財団
所在地 080-0015
北海道帯広市西5条南11丁目48番地2
位置 北緯42度55分9秒 東経143度11分54秒 / 北緯42.91917度 東経143.19833度 / 42.91917; 143.19833座標: 北緯42度55分9秒 東経143度11分54秒 / 北緯42.91917度 東経143.19833度 / 42.91917; 143.19833
アクセス 北海道旅客鉄道(JR北海道)帯広駅南出口より徒歩5分[1]
とかち帯広空港から帯広駅バスターミナルまで約40分[1]
公式サイト 帯広市民文化ホール

帯広市民文化ホール(おびひろしみんぶんかホール)は、北海道帯広市にある文化施設。

概要[編集]

根室本線連続立体交差事業に併せて[2]帯広駅周辺「都市の顔づくり事業」の一環として整備[3]長﨑屋子会社のディベロッパーであったサンランド(1994年解散)が建設し[4]、帯広市が20年契約で賃借して使用する民活導入事業であった[5]。帯広交響楽団がこけら落し公演でデビューした[6]

同ホール新設と引き換えに、帯広市西5条南8丁目にあった帯広市民会館は1988年(昭和63年)で閉館した[7][8]

開館後程無く、サンランドが地元企業のサンランド開発へ建物を売却[4]。土地所有者(サンランド)と建物所有者(サンランド開発)が分かれる形となった[4]。その後、建物所有者と帯広市との裏念書が発覚したこと[5]、土地所有者(サンランド解散後は親会社の長﨑屋が継承)と建物所有者との所有権争いによる一連の裁判を経て、2003年(平成15年)に帯広市が市民文化ホール(土地建物)を8億円で買収した[4]。現在は、帯広市が所有し、一般財団法人帯広市文化スポーツ振興財団が指定管理者として運営管理を行っている。

施設[編集]

大ホール
固定席 1,546席(内、親子席72席)、母子室2室、車椅子スペース12席分
舞台(間口19 m、高さ9 m、迫り、オーケストラピット他)
小ホール
固定席 560席(内、親子席28席)、車椅子スペース12席分
舞台(間口13 m、高さ6 m)
楽屋
広さ(第1楽屋 洋室 118 m²、第2楽屋 和室 57 m²、第3楽屋 洋室 68 m²、第4楽屋 洋室 75 m²、第5楽屋 洋室 23 m²)
練習室
広さ(第1練習室 39 m²、第2練習室 57 m²、第3練習室 61 m²、第4練習室 64 m²、第5練習室 62 m²)
リハーサル室
広さ148 m²
会議室
広さ(第1会議室 57 m²、第2会議室 61 m²)
特別会議室1室
広さ148 m²
喫茶
ウィーン[9]

周辺[編集]

帯広駅(エスタ帯広)に隣接しており、駅南側には市民文化ホールのほかにホテル日航ノースランド帯広、帯広市図書館、とかちプラザ、長﨑屋帯広店、帯広第一病院などが立地している。

施設西側の道路は北海道道216号八千代帯広線(西5条通)となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b アクセス”. 帯広市文化スポーツ振興財団. 2015年4月21日閲覧。
  2. ^ 帯広市の駅周辺拠点整備”. 踏切すいすい大作戦. 2015年4月21日閲覧。
  3. ^ 第5回 最終回 開拓100年以降の帯広市”. 振り返る帯広 −広報おびひろ掲載記事−. 帯広市. 2015年4月21日閲覧。
  4. ^ a b c d 帯広市民文化ホールの事例について (PDF)”. 第2回旭川市庁舎整備検討市民懇話会. 旭川市 (2013年8月29日). 2015年4月25日閲覧。
  5. ^ a b “文化ホール買収”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2003年12月23日). http://www.tokachi.co.jp/kachi/jour/03_2121/2.html 2015年4月21日閲覧。 
  6. ^ Profile of 帯広交響楽団”. 帯広交響楽団事務局. 2015年4月21日閲覧。
  7. ^ 帯広商店街かわら版「いらっしゃい」68号 (PDF)”. 帯広市商店街振興組合連合会 (2006年6月30日). 2015年4月24日閲覧。
  8. ^ “名器「スタインウェイ」どう活用”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2011年12月30日). http://www.tokachi.co.jp/news/201112/20111230-0011385.php 2015年4月21日閲覧。 
  9. ^ “「文化の拠点」脈々と 喫茶「ウィーン」開店50周年”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2009年2月16日). http://www.tokachi.co.jp/news/200902/20090216-0000647.php 2015年4月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]