席次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

席次(せきじ)とは、儀式など催しにおける座席の順序のことである。転じて成績をさす事もある。

国家間における席次[編集]

国賓を歓待する場や、王族皇族即位の場での席次はおおよそ次のようになる。敬称で言うと、「陛下>殿下>閣下」となる。

陛下や殿下は君主やその王族皇族、閣下は大統領などである。年齢や、即位(または在職)している期間、王朝や国の歴史の長さなども、席次を決める根拠となる。日本では、儀礼上三権の長より皇族の席次が上である。

例として、サミットでは首脳らの集合写真撮影が行われるが、在任期間が他国首脳に比べ短い日本内閣総理大臣は、中央近辺にくる事が少ない。これは、写真撮影では中央が上座であるので、上記の基準から、在任期間が長い首脳や議長国の席次が優先され決まるからである。

一般的な席次[編集]

日本では、親族らの中では、年長者や家長、長男など家督を継ぐ者が席次が上である。

結婚式や葬式などは、その主催者に近いものらから一般に席次が決まる。

実例[編集]

中央に位置する場は基本的に席次が上である。他にも上座、下座などで明確である。会議の場合は議長が最も席次の高い席に座る事になる。

和室は、床間から床脇、入り口に向かって席次は下がる。電車や車の場合、窓際が上席である。

関連項目[編集]