市川政司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市川政司(いちかわ まさし、1888年 - 1961年)は、日本の造園家。長く東京市役所に奉職し、造園技師として活躍した。新潟県高田市生まれ。

経歴[編集]

1906年(明治39年)、新潟県立高田農学校を卒業。1907年、東京市役所道路課に入所する。1910年に技手となった。1924年(大正13年)に東京市技師、1928年(昭和3年)、保健局公園課技術掛長、1942年、東京都発足と職制改正によって、公園部技術課長に就任するが同年に定年退職する。

首都東京の公園、また街路樹と墓地(霊園)など市の公園緑化事業に関して、上司の公園課長井下清を支え、都内の街路樹整備と関東大震災後の東京の公園復興事業、老樹保護方法の研究、公園事業としての社会人園芸趣味普及等の業績をつむ。戦前期の都内の公園建設現業の責任者として大小公園の新設、改良、街路樹の研究改良、公園の維持管理、後輩の技術指導に功績を残す。

その他、東京市を中心とする桜の会、梅の会、蓮の会、園芸文化協会等の役員を歴任した。東京市退職後、公共慰霊事業、植物愛護事業などにかかわり、みずから植物植樹の培養につとめていた。

参考文献[編集]

  • 井下清編「自然を愛した市川政司君の思い出」昭和37年5月
  • 前島康編 東京の公園110年 東京都公園協会