工藤勇一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
くどう ゆういち
工藤 勇一
千代田区立麹町中学校校長 工藤勇一(cropped).jpg
2019年 撮影
生誕日本の旗 日本 山形県鶴岡市
国籍日本の旗 日本
出身校東京理科大学理学部応用数学科卒業
職業教育者
肩書き横浜創英中学校・高等学校校長

工藤 勇一(くどう ゆういち、1960年 - )は、日本教育者横浜創英中学・高等学校校長。

教育再生実行会議委員、経済産業省「EdTech」委員、文部科学省「教育長・校長プラットフォーム」発起人などの公職も務める[1]

経歴[編集]

山形県鶴岡市生まれ[2]山形県立鶴岡南高等学校卒業。東京理科大学理学部応用数学科卒業[2]

1984年より山形県飽海郡松山町(現・酒田市)で数学の中学教諭を5年務めた後、東京都の教員採用試験を受け直し、1989年に台東区の中学校に赴任。その後、東京都や目黒区の教育委員会、新宿区教育委員会教育指導課長などを歴任[2][3]

2014年に千代田区立麹町中学校の校長に就任すると、子どもの自律を重視した教育改革に取り組み、宿題廃止、定期テスト廃止、固定担任制廃止など、従来「当たり前」とされてきたことを覆した[4]。宿題については「すでに分かっている生徒には無駄であり、分からない生徒には重荷である」として[5]、定期テストについては「ある時点での学力を切り取って評価することに意味はない」として[6]、固定担任制については「学級担任が生徒に対して責任を持ち過ぎてしまい、生徒の自律を妨げる」として[7]、それぞれ廃止した理由を述べている。また、制服の改定や、私服を一部導入するなど数多くの改革に取り組んでいた。

エピソード[編集]

アドウェイズCEOを務める岡村陽久は工藤の教え子である[3]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『学校の「当たり前」をやめた。生徒も教師も変わる!公立名門中学校長の改革』時事通信出版局、2018年12月。ISBN 978-4-7887-1594-3 
  • 『麹町中学校の型破り校長 非常識な教え』SBクリエイティブSB新書〉、2019年9月。ISBN 978-4-8156-0131-7 
  • 『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』かんき出版、2019年10月。ISBN 978-4-7612-7449-8 
  • 『きみを強くする50のことば これからの未来、どう考えて、どう生きていく?』かんき出版、2020年6月。ISBN 978-4-7612-7498-6 

共著[編集]

  • 『学校の未来はここから始まる 学校を変える、本気の教育論議』教育開発研究所、2021年3月。ISBN 978-4-86560-535-8 木村泰子、合田哲雄との共著。
  • 『最新の脳研究でわかった!自律する子の育て方』SBクリエイティブ〈SB新書〉、2021年5月。ISBN 978-4-8156-0711-1 青砥瑞人との共著。
  • 『学校ってなんだ! 日本の教育はなぜ息苦しいのか』講談社現代新書、2021年8月。ISBN 978-4-06-523475-4 鴻上尚史との共著。

脚注[編集]

  1. ^ 工藤 勇一”. 時事通信出版局. 2019年10月26日閲覧。
  2. ^ a b c 公立校でもここまでできる学校改革 麴町中の工藤校長が目指す「現代の寺子屋」とは”. 朝日新聞GLOBE+ (2018年11月25日). 2019年10月23日閲覧。
  3. ^ a b 千代田区立麹町中学校 校長 工藤 勇一 (くどう ゆういち)氏 | カンブリア宮殿”. テレビ東京 (2019年9月26日). 2019年10月23日閲覧。
  4. ^ 教育熱心な親が「人のせいにする子」を作るワケ”. 東洋経済オンライン (2019年9月11日). 2019年10月23日閲覧。
  5. ^ なぜ宿題は「無駄」なのか?――“当たり前”を見直した公立中学校長の挑戦”. ITmedia ビジネスオンライン (2019年5月8日). 2019年10月23日閲覧。
  6. ^ 公立中学校長が定期考査を「全廃」した理由――成績を“ある時点”で確定させることに意味はない”. ITmedia ビジネスオンライン (2019年5月9日). 2019年10月23日閲覧。
  7. ^ 学級担任を廃止して「学年担任制」に――公立中学校長の改革”. ITmedia ビジネスオンライン (2019年5月10日). 2019年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]