工藤修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
工藤 修
Osamu Kudo.jpg
空母「加賀」勤務時代の工藤。(1938年)
生誕 1915年
大日本帝国の旗 大日本帝国 大分県
死没 1942年3月3日
オーストラリアの旗 オーストラリア ブルーム
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 日本海軍航空隊
軍歴 1931年 - 1942年
最終階級 特務中尉
テンプレートを表示

工藤 修(くどう おさむ、1915年 - 1942年3月3日)は、日本海軍軍人第二次世界大戦中には日本海軍航空隊に所属する撃墜王の1人としてその名を知られた。公式の撃墜記録は7機。最終階級は中尉。

略歴[編集]

1931年(昭和6年)、飛行予科練習生(のちに乙種と呼ばれる)2期生として入隊。同期生に小泉藤一。1935年(昭和10年)4月に飛行練習生課程を卒業、大村航空隊に配備された。

昭和12年7月、第十三航空隊に配属され、上海公大飛行場に配置された。9月19日、第1次南京空襲で1機を撃墜、初撃墜を記録した。11月、本土に帰還。1938年(昭和13年)1月、加賀戦闘機隊に配属。8月30日、南雄攻撃に参加、南雄飛行場に駐留していた中国空軍第3大隊第32中隊(大隊長呉汝鎏中国語版、中隊長朱嘉勲)[1][2]グロスター グラディエーター9機と交戦、うち2機を撃墜した。年末、赤城戦闘機隊に転属。その後百里原海軍航空隊(宗雪新之助大佐)。1941年(昭和16年)9月、第三航空隊亀井凱夫大佐)戦闘機隊新設に伴い同分隊士となる。同隊には、第十三航空隊所属当時僚機だった赤松貞明も転属した。12月10日にルソン島攻撃に参加。

1942年3月3日、オーストラリア・ブルームへの空襲英語版の中で撃墜され戦死した。工藤を撃墜したのは、オランダ領東インド陸軍航空隊英語版(ML-KNIL)のガス・ウィンケル英語版中尉が搭乗する、7.99mm機関銃を搭載したロッキード・ロードスター英語版であったという。

出典[編集]

  1. ^ 百战荣归“飞将军”——融安板榄籍飞行员韦鼎烈、韦鼎峙抗日空战事略” (中国語). 柳州档案局. 2018年2月19日閲覧。
  2. ^ 抗战飞行员吴汝鎏” (中国語). 广州文史. 2018年2月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • Hata, Ikuhiko; Yasuho Izawa, Don Cyril Gorham (translator) (1975 (original) 1989 (translation)). Japanese Naval Aces and Fighter Units in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-315-6.