川西英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川西 英(かわにし ひで、Hide Kawanishi1894年7月9日 - 1965年2月20日) は日本の版画家画家。本名は川西英雄。

略歴[編集]

1894年明治27年)、兵庫県神戸市兵庫区東出町に回船穀物問屋の七男として生まれる。1915年大正4年)、神戸商業学校を卒業後、家業を継ぐ。1922年(大正11年)からは兵庫東出郵便局長を務めた。画家を志した時期についての資料は見つかっていないが、16歳のとき(1910年)に『セシル・アルディン作品の模写』(京都国立近代美術館蔵)を描いている。木版画山本鼎の作品をみて志したとされ、1920年代より長らく国画会と日本版画協会を主な活動の場とした。1937年昭和12年)に出版された『神戸百景』はエキゾチックな都市風景と風俗を描いた作品で、彼の代表作である。

版画家の川西祐三郎(1923-)は、川西英の三男である。

主な作品[編集]

『背山眺望』(ステンドグラスによる複製)
『港俯瞰』(ステンドグラスによる複製)

受賞[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]