川橋猛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川橋 猛(かわはし たけし、1921年大正10年)2月21日 - 2013年平成25年)2月21日)は日本の実業家、元NEC副社長、元東洋通信機(現・宮崎エプソン)社長、元日本ロケット協会会長。長崎県出身。

略歴[編集]

  • 1921年(大正10年) - 圭三郎の四男として生まれる。
  • 1943年(昭和18年) - 東京大学第一工学部電気工学科を卒業、日本電気(NEC)へ入社。
  • 1967年(昭和42年) - 日本電気無線通信事業部長に就任。
  • 1968年(昭和43年) - 日本電気マイクロ波衛星通信事業部長に就任。
  • 1971年(昭和46年) - 日本電気ミリ波画像通信開発本部長に就任。
  • 1973年(昭和48年) - 日本電気代表取締役に就任。
  • 1976年(昭和51年) - 日本電気代表取締役常務に就任。
  • 1978年(昭和53年) - 日本電気代表取締役専務に就任。
  • 1980年(昭和55年) - 日本ロケット協会会長に就任。
  • 1981年(昭和56年) - 日本電気代表取締役副社長に就任。
  • 1983年(昭和58年) - 東洋通信機代表取締役社長に就任。
  • 1989年(平成元年) - 東洋通信機代表取締役会長に就任。
  • 1992年(平成4年) - 東洋通信機代表取締役相談役に就任。
  • 2013年(平成25年)2月21日 - 急性心不全のため、自宅で死去、92歳[1]
  • その他、東通電子サービス社長、運輸技術審議会委員などを務めた。

受章・受賞[編集]

参考[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年

脚注[編集]