川島基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川島 基(かわしま もとい)は、日本クラシック音楽ピアニスト

川島 基(ピアノ)かわしま●もとい

岡山生まれ。10歳より本格的にピアノと作曲を始める。 東京音楽大学ピアノ演奏家コース、同大学院に学び、 ローム・ミュージックファンデーション奨学生として、 ドイツ国立ワイマール “フランツ・リスト” 音楽大学大学院、 更に文化庁派遣研修生としてベルリン芸術大学学院にて学んだ。数々の国内・国際ピアノコンクールで優勝・入賞を繰り返した後、第10回シューベルト国際ピアノコンクールで優勝したことが契機となり、ミュンヘン・フィルの本拠地、ミュンヘン・ガスタイクで日本人としては初めて「Winners & Masters」シリーズで ミュンヘン・デビューリサイタルを開き大成功させ、ベルン、ダルムシュタット、ハノーヴァーの各ショパン協会主催のリサイタルに出演、ドイツ・ドルトムントのBuergersaalでは“ピアニスト・イン・レジデンス”に任命され “Der Pianist mit den goldenen Haenden” ( 黄金の手を持つピアニスト) Westdeutsche Allgemeine Zeitung(西ドイツ新聞) と評される。ヨーロッパで日本人アーティストとして 年間50公演程の演奏会をこなした。 2006年には待望のデビューアルバムをドイツで製作し、 その演奏はドイツの新聞紙上にて絶賛され、 またウィーンの「ラジオ・シュテファンスドーム」などで度々放送されている。 2008年CD第二弾「さすらい人幻想曲」を日本で録音し、音楽雑誌等で取り上げられ絶賛された。2011年4月にCD第三弾「THE FIREBIRD」がリリースされた。 ベルリン交響楽団(Berliner Symphoniker)、ベルリン・ホーエンフェルス交響楽団、 ドルトムント管弦楽団、イエナフィルハーモニー管弦楽団、ホフ交響楽団、グロッセート交響楽団, ルーマニア国立バカウ交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、 東京音楽大学オーケストラ、カレッジオペラハウス管弦楽団、 岡山フィルハーモニック管弦楽団などと共演。 2010年11月には秋山和慶指揮・広島交響楽団との共演のほか、2011年4月にはマーティン・スタンツェライト指揮によるカンマーフィルハーモニーHiroshimaとの共演でドイツ国内ツアーを行なった。 これまでにピアノを、故・三宅民規、弘中 孝、東 誠三、野島 稔、柳井 修、 ロルフ=ディーター・アーレンス、ラザール・ベルマン、エレーナ・ラピツカヤに師事。 マスターコースにて、アレクシス・ワイセンベルク、パウル=バドゥラ・スコダに師事。 岡山芸術文化賞グランプリ、マルセン文化賞受賞

現在、東京音楽大学ピアノ科准教授


出典[編集]

本人のHP上のプロフィール欄参照 http://motoi-kawashima.com/jp.index.html

受賞歴[編集]

  • 吹田音楽コンクール優勝
  • 日本音楽コンクール第3位
  • スクリアビン国際ピアノコンクール優勝
  • チッタ・ディ・マルサラ国際ピアノコンクール第2位
  • アリシア・デ・ラローチャ国際コンクール第2位
  • アルトゥール・シュナーベル国際ピアノコンクール第2位
  • サン・マリノ国際ピアノコンクール第3位
  • ペカー国際ピアノコンクール第2位
  • シューベルト国際ピアノコンクール優勝
  • 岡山芸術文化賞グランプリ
  • マルセン文化賞

外部リンク[編集]