川上雅史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川上 雅史(かわかみ まさし、男性、1972年2月23日 - )は、日本の元アマチュアボクシング選手。栃木県出身。1992年バルセロナオリンピックウェルター級日本代表。身長178cm。作新学院高等学校中央大学卒業。

経歴[編集]

高校時代はボクシング部で川島八郎監督の指導を受け[1]、1989年にはインターハイライトミドル級で優勝を収めた[文献 1]。1991年と1992年には石川国体べにばな国体成年の部ライトミドル級に2年連続で優勝を収めた[文献 2]

1992年、バルセロナオリンピックにウェルター級の日本代表として出場し、7月26日に行われた1回戦でエイドリアン・ドッドソン(イギリス)と対戦し、2回RSC負けとなった[2]。1993年、全日本選手権ライトミドル級で優勝を収めた[文献 3]

獲得タイトル[編集]

  • 第43回インターハイライトミドル級優勝
  • 第46回国体成年の部ライトミドル級優勝
  • 第47回国体成年の部ライトミドル級優勝
  • 第62回全日本選手権ライトミドル級優勝

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

「アマチュア・レコード」『日本ボクシング年鑑2005』 ボクシング・マガジン編集部編、日本ボクシングコミッション日本プロボクシング協会協力、ベースボール・マガジン社、2005年4月30日 ISBN 4-583-03849-6

  1. ^ 204頁。
  2. ^ 206頁。
  3. ^ 202頁。

関連項目[編集]