島田テル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島田 テル
Teru Shimada
生誕 シマダ アキラ
Akira Shimada

(1905-11-17) 1905年11月17日
日本の旗 日本 茨城県水戸市
死没 1988年6月19日(1988-06-19)(82歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州エンシノ
職業 俳優
活動期間 1932年-1975年

島田テル(しまだ てる、1905年11月17日 - 1988年6月19日)は、日系アメリカ人俳優1967年の映画『007は二度死ぬ』のスペクターの一員、大里化学の社長役で知られている。

第二次世界大戦中、彼はポストン戦争強制収容センター日系人の強制収容にされた[1]1932年の『Night Club Lady 』で映画に出演し始め、1939年の映画『Mr. Moto's Last Warning 』でミスター・モト役のピーター・ローレと共演した。1946年の映画『東京ジョー』ではハンフリー・ボガートの敵役を演じた。1966年の20世紀フォックスの映画『バットマン』ではクレジット無しで日本の代表者を演じ、『歩け走るな!』ではクラワ役を演じた。1965年、1960年代に放送されていた連続ドラマ『Voyage to the Bottom of the Sea 』のエピソード『And Five of Us are Left 』に出演した。同年、ペリー・メイスン・シリーズの『The Case of the Baffling Bug 』にドクター・マセオ・タチカワ役でゲスト出演した。1930年代から1970年代にかけて映画テレビドラマに出演し、『ハワイ5-0』に端役で出演したのを最後に引退した。1988年カリフォルニア州エンシノで死去し、ロサンゼルスのハリウッド・ヒルズにあるフォレスト・ロウン記念墓地に埋葬された。

彼が演じた大里役は『オースティン・パワーズ』シリーズの『Austin Powers in Goldmember 』で松久信幸によりパロディ化された。

脚注[編集]

  1. ^ National Archives: Teru Shimada”. 2013年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]