歩け走るな!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
歩け走るな!
Walk, Don't Run
監督 チャールズ・ウォルタース
脚本 ソル・サクス英語版
ガーソン・ケニン
原案 ロバート・ラッセル英語版
フランク・ロス英語版
製作 ソル・C・シーゲル
出演者 ケーリー・グラント
サマンサ・エッガー
ジム・ハットン英語版
音楽 クインシー・ジョーンズ
撮影 ハリー・ストラドリング
編集 ウォルター・トンプソン英語版
ジェームズ・D・ウェルズ
製作会社 グランリー・カンパニー
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1966年6月29日
日本の旗 1967年2月14日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
興行収入 $7,500,000[1]
テンプレートを表示

歩け走るな!』(あるけはしるな、Walk, Don't Run)は1966年アメリカ合衆国テクニカラーコメディ映画ケーリー・グラントの最後の出演作で、かつチャールズ・ウォルタースの最後の監督作である。

1943年ロマンティック・コメディ映画『The More the Merrier[2](日本未公開)を、1964年東京オリンピック開催中の東京に舞台を変えてリメイクした作品。東京での撮影は東京オリンピックの翌年(1965年)10月に行なわれた[3]

ストーリー[編集]

1964年、商用で東京にやって来た英国人実業家ウィリアム・ラトランド卿(ケーリー・グラント)は、予定より2日早く到着したものの、東京オリンピックでホテルが満室のため、部屋を取ることができない。英国大使館に相談するが埒があかず、ラトランドは大使館の掲示板に貼ってあったアパートの同居人募集の貼り紙を見つける。アパートの借り主である若い女性クリスティン・イーストン(サマンサ・エッガー)は「女性のみ」と記入することを忘れていたため同居を強引に承諾させる。

翌日、ラトランドは建築家の卵で米国のオリンピック選手であるスティーヴ・デイヴィス(ジム・ハットン)と知り合う。ラトランド同様予定より早く到着したために選手村に入れず、 行き場のないスティーヴをラトランドは自分が宿泊しているクリスティーンのアパートに連れて行き、ラトランドはスティーヴを自室に住まわせることを勝手に決める。怒ったクリスティンは2人を追い出そうとするが、ラトランドから前払いでもらった金で着物を買ってしまったために返金が出来ず、仕方なく2人を置くことにする。

最悪の出会いをした3人だが、徐々に打ち解けて行き、特にクリスティーンとスティーヴはいいムードになる。そんな2人の恋のキューピッドになろうとラトランドは、2人の性格に欠陥があろうともそれとなく2人の仲を取り持とうとするが、クリスティーンには大使館員の婚約者ジュリアス・P・ハヴァーサック(ジョン・スタンディング)がいた。

スティーヴは何の競技に出場するのか何度聞かれても答えない。ラトランドは若いカップルのトラブルに介入するため、スーツを脱いでトランクスTシャツになりスティーヴの出場する競歩に乱入する。

キャスト[編集]

音楽[編集]

クインシー・ジョーンズが作曲および編曲を行ない、ペギー・リーと共に『Stay with Me 』と『Happy Feet 』を作曲した。トゥーツ・シールマンスのハーモニカとハリー・エディソンのトランペットを特徴としている。

映画の中でグラントは彼が出演した1963年の映画『シャレード』のテーマ曲を口笛やハミングで口ずさむ。

興行収入[編集]

興行収入750万ドルを上げ[1]、全米のレンタル収入で450万ドルを上げた[4]1966年の映画で第24位の興行収入であった。

脚注[編集]

  1. ^ a b Box Office Information for Walk, Don't Run”. The Numbers. 2013年6月6日閲覧。
  2. ^ 第16回アカデミー賞において作品賞を含む6部門にノミネートされ、チャールズ・コバーン助演男優賞を受賞した。なお、コバーンが演じた役はリメイク作ではグラントが演じている。
  3. ^ 映画 歩け走るな!”. allcinema. 2012年4月4日閲覧。
  4. ^ "Big Rental Pictures of 1966", Variety, 4 January 1967 pg 8

参考文献[編集]

  • Reid, John Howard. "Walk, Don't Run." Reid's Film Index, no. 36 (1998): 178–181.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]