峰下和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

峰下 和子(みねした かずこ、1952年10月14日[1] - )は、日本フリーアナウンサー講師。講師として活動する際には「コミュニケーションアドバイザー」の肩書を用いる。峰下企画所属・代表[2]

来歴[編集]

佐賀県杵島郡有明町出身[1]長崎市在住[3]武蔵野女子大学短期大学部卒業(国文学専攻)[4]

短大を卒業後、1972年にテレビ長崎 (KTN) に入社[4]。報道部アナウンス課に配属され、1976年に結婚・退社するまで同局のアナウンサーを務めていた[4][5]

退社後、しばらく専業主婦をした後にフリーでの活動を開始。催事や歌謡ショーの司会をして経験を積む[5]。そして1991年に開局した長崎国際テレビ (NIB) の契約キャスターとなり、2000年まで同局の『ニュースプラス1ながさき』に出演していた[4][5]

その後は再びフリーになり、企業研修などで接遇・話し方・電話応対マナーの講師を務めている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b NHKウィークリーステラ1998年6月5日号全国アナウンサーキャスター名鑑
  2. ^ 【メルマガよかネット長崎】 828号”. メルマガよかネット長崎 - メルマ!(メールマガジン発行者:長崎県産業振興財団、サイト運営者:ユニティ株式会社) (2016年4月7日). 2019年3月26日閲覧。
  3. ^ a b 講師のご紹介 > 峰下 和子”. 日本電信電話ユーザ協会. 2019年3月26日閲覧。リンク元ページ:http://www.jtua.or.jp/education/teacher-exam/teacher.html
  4. ^ a b c d たのめる講師リスト (PDF)”. 長崎県産業労働部若者定着課. p. 39 (2019年). 2019年3月26日閲覧。ただし下記長崎新聞のインタビュー記事には、テレビ長崎入社年が「一九七三年」と記されている。
  5. ^ a b c きらめく女性たち 峰下和子さん(52)=フリーアナウンサー=5月13日”. 長崎新聞 (2005年5月13日). 2006年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月26日閲覧。