岳滅鬼山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岳滅鬼山
Gakumeki01.jpg
岳滅鬼山頂上
標高 1,036.8 m
所在地 日本の旗 日本
大分県日田市
福岡県田川郡添田町
位置 北緯33度27分03.7秒 東経130度54分45.8秒 / 北緯33.451028度 東経130.912722度 / 33.451028; 130.912722座標: 北緯33度27分03.7秒 東経130度54分45.8秒 / 北緯33.451028度 東経130.912722度 / 33.451028; 130.912722
岳滅鬼山の位置(日本内)
岳滅鬼山
岳滅鬼山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

岳滅鬼山(がくめきさん、がくめきやま)は、大分県日田市福岡県田川郡添田町との境界にあるである。

概要[編集]

英彦山の南西に位置し、複数のピーク(山頂)を有する。標高1,036.8mのピークに三等三角点が置かれており、これをこの山の標高とすることが多い。しかし、この山の最高点は、その北西に位置し岳滅鬼岳とも呼ばれる標高1,040mのピークである。ただし、岳滅鬼岳の頂上付近は周囲が樹木に囲まれ、展望はよくない。

平成の大合併によって日田郡の町村と合併するまでは、この山が日田市の最高峰であった。

そのさらに東には標高940mの岳滅鬼峠がある。この峠は江戸時代には日田からの英彦山参りの主要なルートであり、豊前国への最短経路でもあった。江戸時代の文人である広瀬淡窓も、英彦山参拝のためにこの峠を越えたことを日記に書き記している。峠には、現在も「従是北豊前小倉領」と刻まれた藩境を示す石柱が残っている。井出孫六によって日本百名峠のひとつに数えられている。