岩本彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岩本彗星
C/2013 E2 (Iwamoto)
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
発見
発見者  岩本雅之
発見日  2013年3月10日
符号・別名 
軌道要素 - IAUNASA
元期 2013年3月9.0日TT
離心率 (e)  0.9970019
近日点距離 (q)  1.4140694 AU
軌道長半径 (a)  -
遠日点距離 (Q)  -
公転周期 (P)  -
軌道傾斜角 (i)  21.85442°
近日点引数 (ω)  95.83926°
昇交点黄経 (Ω)  182.49457°
前回近日点通過  2013年3月9.06010日TT[1]
次回近日点通過 

岩本彗星(いわもとすいせい、Comet Iwamoto)は、2013年に出現した彗星のひとつである。

発見[編集]

徳島県のアマチュア天文家岩本雅之は、3月11日朝5時0分(JST)に、自宅の観測所で、ペンタックスSDUFII(10cmf/4)+キャノンEOS 5Dを使用して撮影したわし座の画像に14等級の新彗星を発見した。翌12日に確認した上で新彗星として報告し、各地で確認観測が行われ14日に新彗星として公表された。

岩本にとっては同年1月12日から彗星捜索を始めて13夜目の発見であった[2]

出現[編集]

近日点通過は発見直前の2013年3月9日。夜明け前の東の低空でわし座からみずがめ座にかけて移動し、12等級で眼視観測された。

その他[編集]

パンスターズ彗星 (C/2011 L4)が最大光度に達した頃に出現した。拡散しており、12~14等級でアマチュアでは手が届きにくい明るさであったため、観測数は多くなかった。

脚注[編集]

  1. ^ MPEC 2013-G31 : OBSERVATIONS AND ORBITS OF COMETS
  2. ^ 星ナビ2013年5月号』5頁(アストロアーツ社)

外部リンク[編集]