岩手県道26号大槌小国線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
岩手県道26号標識
岩手県道26号 大槌小国線
主要地方道 大槌川井線
実延長 34,685.4 m
制定年 1959年
起点 上閉伊郡大槌町安渡一丁目
(安渡立体交差点)【地図
終点 宮古市小国第5地割【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0045.svg 国道45号
Japanese National Route Sign 0340.svg 国道340号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

岩手県道26号大槌小国線(いわてけんどう26ごう おおつちおぐにせん)は、岩手県上閉伊郡大槌町から宮古市小国に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

大槌町から盛岡市・遠野市方面への最短ルートだが、大槌・宮古両市町界の土坂峠と国道340号立丸峠(宮古・遠野両市界)は、幅員狭小のため大型車両の通行が禁止されている。

立丸峠は地元からトンネルによるバイパス道路建設の要望が出ていて、岩手県大規模事業評価専門委員会は2012年8月24日に評価を「妥当」と判断し、これを受けた岩手県は2018年度の開通に向けて整備中。[要出典]

路線データ[編集]

  • 実延長:34,685.4 m
  • 起点:上閉伊郡大槌町安渡一丁目(安度立体交差点、県道231号県道280号交点)
  • 終点:宮古市小国第5地割(国道340号交点)

歴史[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和34年岩手県告示第280号
  2. ^ 昭和57年建設省告示第935号
  3. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  4. ^ 平成21年岩手県告示第962号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]