岩出亥之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩出 亥之助(いわで いのすけ、1899年 - 1988年)は、三重県出身の日本の農学博士

略歴[編集]

  • 1899年(明治32年)、三重県一志郡(現津市久居)生まれ。
  • 東京帝国大学農学部入学、菌類を理化学的に研究。その後、同大学教授に就任。
  • 1926年(大正15年)、フランスからマッシュルームの種菌を取り寄せ人工栽培に成功する。
  • 1927年(昭和2年)、瓶栽培にてシイタケエノキタケヒラタケナメコの栽培に成功する。
  • 1938年(昭和13年)、マツタケの香り成分「マツタケオール」の科学的人工合成に成功する。これにより日本林学会奨学賞、白沢賞を受賞。
  • 1950年(昭和25年)、三重大学教授に就任。森林菌学を教える。
  • 1955年(昭和30年)、東京大学 農学博士 論文は「マツタケ及びシイタケの香成分に関する研究 」[1]
  • 1962年(昭和37年)、三重大学を退官。
  • 1963年(昭和38年)、きのこの普及と研究を目的とした岩出菌学研究所(三重県津市)を設立。
  • 1975年(昭和50年)、ヒメマツタケの人工栽培に世界で初めて成功する。
  • 1980年(昭和55年)、三重県より県民功労賞を贈られる。

主要著書[編集]

  • キノコ栽培利用法
  • 理論活用・椎茸栽培法
  • キノコ類の栽培法  

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース